« 装備 | トップページ | 廃熱 »

ボイド係数の宣伝

ボイド係数が負だから安全である。

という宣伝がたまにあります。ボイド係数が負ということは

  1. 出力が上がると、泡が増え
  2. 泡が増えると、出力が下がる
  3. 出力が下がると、泡が減り
  4. 泡が減ると、出力が上がる

という事で、振動することになります。原子炉の場合、発振の為のエネルギーは十分あるので、減衰する条件が無いと安定とは呼べません。大事なのは減衰条件です。

安全宣伝の場合、このうち、1,2だけを取り出しています。

1,2だけを取り出して宣伝しているので、負のボイド係数が大きいので更に安全、などということを云う始末になったりします。これは、「自動車のサスペンションはスプリングを強くするほど安定する」というのと同様の間違いになります。ご用心、ご用心

|

« 装備 | トップページ | 廃熱 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/48778/8167885

この記事へのトラックバック一覧です: ボイド係数の宣伝:

« 装備 | トップページ | 廃熱 »