« 浜岡1,2号機停止期間延長 | トップページ | 計画経済(高速道路と原発) »

東芝

東芝がPWRに参入したいらしい。

日本では原子力発電所の立地適地はほぼ無い為、原子力事業を続けるのであれば、海外で勝負したいのは当然とは思います。
そして、海外でも、イランとか非核地帯の国には輸出は難しいので、まあ、焦点は中国でしょう。となると、BWRよりPWRとなるのは理解できます。

ただ、事業として、BWRとPWRの2重投資では採算が合わないのではないかと、余計な心配をしてしまいます。昔から戦力の集中が出来たものが勝利を得ています。2重投資をすると個々の事業の予算が足りなくなるのではないでしょうか。最近もデータ偽装をしていたとの事、2重投資で予算が足りなくなれば、そのような事態が増えるのでは無いかと懸念します。

個人的にはPWRに投資する銭があったら、東芝にはdynabookを梃入れして欲しい、と、思います。これは大脱線。

|

« 浜岡1,2号機停止期間延長 | トップページ | 計画経済(高速道路と原発) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/48778/8459883

この記事へのトラックバック一覧です: 東芝:

« 浜岡1,2号機停止期間延長 | トップページ | 計画経済(高速道路と原発) »