« PRA | トップページ | 非核地帯 »

希釈

水俣病の教訓として、毒物は「薄めて流してもダメ」というのがあると思います。

青森県六ヶ所村でまもなくアクティブ試験が始まろうとしている再処理工場は、しかし「薄めて流せば大丈夫」という旧時代の発想に立っているように思います。

|

« PRA | トップページ | 非核地帯 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/48778/9095064

この記事へのトラックバック一覧です: 希釈:

» 外来種と放射能 どちらが猛威か? [チームイワナのブログ作っちゃいました]
約1年ぶりの登場です、外来種の巻き貝サキグロタマツメタ。アサリ1個を2日で食べちゃうんだそうです。安易な外来種放流によって宮城から「潮干狩り」という日本文化が消滅してしまいました。 ****************************** アサリ食べる..... [続きを読む]

受信: 2006年3月18日 (土) 01時22分

« PRA | トップページ | 非核地帯 »