« 電力は余っている | トップページ | リスクとベネフィット »

見出しと中身

「直下型への備え厳格に」

と、見出しは景気が良いのですが、中身を見ると、厳格になったようには思えません。

「現行指針に決定的な問題があると考える専門家は少ない。」

という心構えでは安全は保たれない、かもしれません。或いは

などを見ると、意見があっても取り入れられていないだけかもしれません。

「立地指針」に決定的な間違いは無いと私も思うので、現在の原子力発電所の立地点の選定には問題がある、と、思います。「耐震設計審査指針」の問題は、結局、原子力発電所の持っている「価値」の算定次第のような気もします。

(将来世代に対する責任とか、核拡散等の問題を無視するとして)
「原子力発電所をどうしても(命に替えても)建てたい」

というのであれば、「出来る程度のことをすれば良い」のでしょうから、「決定的な問題」は無いでしょう。逆に

「それ程(命に替えてまでは)、必要ではない」

と、思うのであれば、現在の様な「建てる事を前提とした」様な審査では「不十分」というものです。

どれ程厳しい指針としても「100%安全です」などというのは誇大広告なのは変わりがありませんし、「国のお墨付き」という表現などは、所詮マスコミの「幻影」であって、官僚さんは決して使わない言葉です。(マスコミが使用した際に抗議しないのは本来「追認」であるはずですが)

仮に事故が起きたとして、「命に替えても欲しかった」原子力発電所ならば、その人に取っては後悔も少ないのかもしれませんが、周りは迷惑ですし、「想定された災害」が「自分に降りかかる災難」になると、どれほど原子力発電が好きな人でも「こんなはずじゃなかった」という事はある、ような気がしますので、立地場所だけは間違えないようにして欲しいものです。

「立地指針」に従って、地震が少なく、火山が無く、地盤が良好で、人口が少ない場所を順に「世界中から」候補として挙げてみると、良いかと思います。(ウランを使い切るまでに日本に候補地が回ってくることは無いかも知れません。)

|

« 電力は余っている | トップページ | リスクとベネフィット »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/48778/9644239

この記事へのトラックバック一覧です: 見出しと中身:

« 電力は余っている | トップページ | リスクとベネフィット »