« 公衆の前の | トップページ | 核燃サイクル »

怖いモノ

天災は忘れた頃にやってくる

と、云ったのは寺田寅彦だそうですが、最近は世界中の情報が入ってくるので、忘れる暇も無いのかも知れません。情報としては入ってきても、義援金くらいが関の山で悲しく思います。

地震、雷、火事、親父

と、昔から云いますが、地震以外はどんどん怖く無くなっている模様です。

相対的に地震はどんどん怖さを増している感があります。

寺田寅彦が「天災と国防」で云うように「文明が進めば進むほど天然の暴威による災害がその劇烈の度を増す」もので、文明が進むにつれて耐震設計は進歩している事は確信していますが、それ以上に危険なものが増えているように感じます。

インドネシアは日本同様地震国で、石油も採れますが、非核地帯(条約は発効はしていないようですが)ASEANで最も原子力発電所建設に近いと聞いています。人類のチャレンジ精神には、凄まじいモノを感じます。

|

« 公衆の前の | トップページ | 核燃サイクル »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/48778/10302756

この記事へのトラックバック一覧です: 怖いモノ:

« 公衆の前の | トップページ | 核燃サイクル »