« CO2の埋設 | トップページ | 放射能放出を支える無意識 »

後から出てくる被害者

水俣病で現在でも患者数が増えている理由は、差別を避けるために隠していたり、自覚症状が無く検査を受けていなかった事などがあげられるようです。

チェルノブイリの事故による死亡者の想定数はいろいろ報道されていますが、計算上、では無くて、実態調査を行おうとした場合、差別を避けるために、放射線被曝も隠される事を想定する必要があると思います。

また、ガンなどは疫学調査の対象になりますが、チェルノブイリのような事故の場合、自覚症状の無い被害者を、直接、救済することは難しいでしょう。

けれどもどちらの被害も「損害」に算入しない訳にはいきません。

隠された被害者を、隠されたまま救済する事を考える必要があるような気がします。

|

« CO2の埋設 | トップページ | 放射能放出を支える無意識 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/48778/9881460

この記事へのトラックバック一覧です: 後から出てくる被害者:

« CO2の埋設 | トップページ | 放射能放出を支える無意識 »