« 原爆と原発事故の相違点 | トップページ | 横須賀原子力空母母港化 »

六ヶ所放射能漏洩

報道によりますと、六ヶ所村の再処理工場で放射性の溶液が漏れたそうです。

日常的に放射能を放出する再処理工場とはいえ、漏れないはずのウランやプルトニウムまで漏れてしまうのは、大問題でしょう。

去年同様のトラブルが起きていて、対処をしたはずの場所だそうで、読売新聞も「今後、当時の点検手法の妥当性も問題になりそうだ。」と、書いています。

対処したと云っておいて漏れてしまっては、再処理に賛成の人も困るでしょう。

対処できていないのは技術が足りないのか、管理がまずいのか、いずれにせよ能力不足なのでしょうか。六ヶ所村の再処理工場には、国内はもとより、海外まで含めて相対評価として優秀な人を集めていると思われます。それでも能力が足りないのであれば、誰がやってもダメと予測がされるので、事業そのものを停止、位の事は、元来賛成の人であっても云うかもしれません。

元から再処理に反対の人は更に強く反対します。ここには書きませんので、心の中で酷い言葉を思い浮かべてください。

|

« 原爆と原発事故の相違点 | トップページ | 横須賀原子力空母母港化 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/48778/10158874

この記事へのトラックバック一覧です: 六ヶ所放射能漏洩:

« 原爆と原発事故の相違点 | トップページ | 横須賀原子力空母母港化 »