« 六ヶ所村作業員被曝ニュースの扱い | トップページ | 再処理で減るモノ »

放射能の除去

六ヶ所村の作業員被曝に関する報道ではプルトニウムが強調されています。

純粋なα線源を体内に取り込んだとしたら、外部からは発見できないでしょうが、プルトニウムにも色々ありますし、その他の元素が少しずつ混じっているのですから、ガンマ線等を計り、溶液なり気体の分析をすると全体の被曝量も算定できるのでしょう。

α線源は体の外にある場合は、無害に近いと思いますが、体内に入るとこれほど困ったものは無いので、気体で吸入した場合、肺を生理食塩水で洗浄したり、飲み込んだ場合、キレートの点滴等により排泄を促す様です。

ぶっちゃけて云えば、「体の中を洗剤で洗う」のです。

被曝量が法の規定より小さい、と報道されていますが、算定は「洗った後」なのか、「洗わずに済んだ」のか、が、非常に気になります。作業者の方は職業ですから、覚悟の上でしょうし、たとえば建築現場で怪我をしたのと同様でしょうが、公衆の場合、放射線のリスクも、「体の中を洗剤で洗う」リスクも勘弁して欲しい、と、思います。

|

« 六ヶ所村作業員被曝ニュースの扱い | トップページ | 再処理で減るモノ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/48778/10255627

この記事へのトラックバック一覧です: 放射能の除去:

« 六ヶ所村作業員被曝ニュースの扱い | トップページ | 再処理で減るモノ »