« 北朝鮮 | トップページ | 米国の原子力発電所 »

六ヶ所村村長選挙

核燃施設が集中する六ヶ所村の村長選挙に、反核燃の梅北陽子さんが出馬するそうです。

東奥日報に記事が出ています。 http://www.toonippo.co.jp/news_too/nto2006/0620/nto0620_12.asp

核燃施設が集中しているということは、関係者も多い(技術者は意外と遠くから通っているとの噂もありますが)と、云うことで、勝ち負けで云えば現職の勝ちでしょうから、無投票を拒否する為の立候補だとは思います。それでも、現在の六ヶ所村で反核燃候補が何票取れるのか見てみたい気はします。

世間的にも、核燃関係者にも、予想と比べて多いか少ないか、は関心事だと思います。

「日本の核燃政策はブレーキの無いダンプカーの様なものだから、一つくらいはブレーキを付けてよ。反対票が意外と多ければその分、操業が慎重になるのは自明だから。(万が一、反核燃の村長が出来ても、いきなりあなたの仕事が減ったりするはずも無し。)」

と、云ってみたい、と、思います。

|

« 北朝鮮 | トップページ | 米国の原子力発電所 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/48778/10615006

この記事へのトラックバック一覧です: 六ヶ所村村長選挙:

« 北朝鮮 | トップページ | 米国の原子力発電所 »