« 「選挙」と「国全体」 | トップページ | 中国電力上関原発 »

核アレルギー

日本人には核アレルギーがある

という、主張は一般に批判的論調を持っています。思うに、核戦争を回避し、核廃絶への道を進む事を望むのであれば、「核」というアレルゲンに抗体反応を示さない事こそ問題です。

現実の日本人は世界でも有数の核エネルギー好きで、どのくらい核エネルギーが好きかといえば、「東海地震の震源域の真ん中に発電用大型原子炉を設置」して平然としているくらい、と、いった感じでしょうか。合理的判断の結果とは到底思えません。(原子力委員会の立地指針にも反していると思います。)

今の日本よりも核エネルギーが好きなのはイランやフランスなど極少数の国だけでは無いでしょうか。

詰まるところ、「核アレルギー」というネガティブな宣伝の為に日本の「核嫌い」は60年間に渡って薄められ続けたように思います。平和な未来にとって必要なのは「核エネルギー」よりも「核アレルギー」であるような気もします。

|

« 「選挙」と「国全体」 | トップページ | 中国電力上関原発 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/48778/10459621

この記事へのトラックバック一覧です: 核アレルギー:

« 「選挙」と「国全体」 | トップページ | 中国電力上関原発 »