« でんき予報 | トップページ | 保安院がもんじゅ立ち入り検査 »

Mロケット

新聞記事でMの次期バージョンは現在よりも小型化するというのを見ました。

Mロケット、と、書いた場合、Mは「ミュー」と読みます。

日本が世界に誇る「固体燃料」ロケットです。

H2よりはニュースになることは少ないのですが、H2が液体燃料のロケットであるのに対し、Mは固体燃料であることが特徴です。

液体燃料よりも固体燃料の方が、軍用ミサイルに向きますので、日本の核武装を考えるひとはH2よりもMを大事にしたいようです。

ロケットに携わっている方々には最大限の敬意を表したいと思います。ただ、もう少し、世界が平和であれば、脳天気に賛意を表せるのに、というのが残念でなりません。

人工衛星を打ち上げ可能な固体ロケットは、当然ICBMに転用可能です。(テポドンよりは優秀である、と、私は信じています。)

現在の世界情勢で、固体燃料ロケットで人工衛星を打ち上げるのはICBMの実験という性質を持つ、と、思います。とても賛成出来ることではありません。

|

« でんき予報 | トップページ | 保安院がもんじゅ立ち入り検査 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/48778/11136115

この記事へのトラックバック一覧です: Mロケット:

« でんき予報 | トップページ | 保安院がもんじゅ立ち入り検査 »