« 上流のゴミ | トップページ | 浜岡原発タービン破損 »

六ヶ所村選挙結果に思う

先週末に行なわれた六ヶ所村の村長選挙は現職の古川氏が有効投票数の約94%(有権者の約58%)を押さえて当選しました。

反核燃の梅北陽子さんには有効投票の約6% 374票が入りました。

6%という数字を少ないと見るか多いと見るかは、立場やその他によって異なると思いますが、前回の反核燃票に比べると倍増だそうですから、核燃に対するブレーキは強まる事を期待します。

前回から倍増とはいえ、有効投票数の1割に満たないので、供託金は没収となります。村長選挙だから50万円ですね。

今回、核燃反対候補の立候補は現在の住民の評価を計る上で、賛成の方にとっても、大変有意義であったと思います。供託金制度はそのような立候補の足を引っ張る制度である、と、思います。

売名行為を防ぐ、という大義名分は、本当の「泡沫候補」では売名にならない為、あまり意味が無いように思います。

|

« 上流のゴミ | トップページ | 浜岡原発タービン破損 »

コメント

これはもう売名選挙。反原発はもはや売名行為なのかもしれません。
これで職員の大量リストラになれば地区は大変なことになってしまう。

投稿: 名無しのジャック | 2014年12月12日 (金) 23時08分

意味不明なコメントがついたなぁ。

投稿: | 2014年12月13日 (土) 01時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/48778/10749712

この記事へのトラックバック一覧です: 六ヶ所村選挙結果に思う:

« 上流のゴミ | トップページ | 浜岡原発タービン破損 »