« 改憲 | トップページ | イラン »

耐震設計審査指針

原子力安全委員会の耐震指針検討分科会で、募集したパブリックコメントには、一般の広い層から応募があったのですが、パブリックコメントの検討はそんなにしないで、決着させたようです。

地震の専門家からの投稿もあったのに。

神戸大学の石橋克彦先生は、怒って辞任の意思表示を行なったそうで、本当に真剣に耐震設計の事を考えているのだなぁ、と、思いました。

氏は「原子力における活断層研究は異常。」と、コメントしている様ですが、原子力行政は、現在、地震の科学的描像よりも原発の推進を優先させているので、地震の専門家から見れば、異常であるのでしょう。

地震が原子炉を襲い、壊れる危険を覚悟の上で、原子力発電所を建てる、というのであれば、まだ、スジは通ると思うのですが、いろいろ言い訳をして、「きっと地震は起きない」という想定で、日本の様に地震の多い土地(島根の様に、専門家によって地震が起きる事が予想されている土地に)原子炉を建てるのはスジが通らない、と、思います。

あるいは、原子力発電所が壊れない程度の地震を想定し、「想定した範囲では壊れない」と宣伝するのは、非科学的であるように思います。

|

« 改憲 | トップページ | イラン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/48778/11675442

この記事へのトラックバック一覧です: 耐震設計審査指針:

« 改憲 | トップページ | イラン »