« 佐藤栄佐久前福島県知事逮捕 | トップページ | 北朝鮮 制裁に対する評価 »

再処理の核拡散耐性

日本のプルトニウムは核拡散に耐性がある、と、されています。

その理由の一つに混合抽出という手法があります。再処理を行う際に、プルトニウムを単体で取り出さずに、ウランと混ぜた状態とするので爆弾にはならない、という説明です。

これに対して、再処理後の混合燃料からのプルトニウム抽出は使用済み燃料からのプルトニウム抽出よりも容易となるため、説得力に欠ける、という批判が一つ考えられます。

第2に例えば六ケ所村の再処理施設のような、原子炉級の再処理施設で、もんじゅで製造されるような、核兵器級のプルトニウムを取り扱おうとすると、臨界にならないように「薄めて」処理をする必要が出てくるとおもわれます。プルトニウム単体での抽出であれば、最後の抽出の部分で「濃過ぎ」になった場合に調整が難しいでしょうが、混合抽出であればウランで薄めることが可能になります。

つまり、核兵器級のプルトニウム専用設備は、使用済み燃料ではなく、MOX燃料から抽出すれば良く、それだけ簡便になることが予測出来ます。

以上により、宣伝に反して、混合抽出でも日本が核武装をしようとした際に、障壁にはならない、と、判断します。

|

« 佐藤栄佐久前福島県知事逮捕 | トップページ | 北朝鮮 制裁に対する評価 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/48778/12484636

この記事へのトラックバック一覧です: 再処理の核拡散耐性:

« 佐藤栄佐久前福島県知事逮捕 | トップページ | 北朝鮮 制裁に対する評価 »