« 防衛省 | トップページ | 高知県東洋町 高レベル廃棄物処分場 応募 不受理 »

島村英紀先生有罪判決

「公認地震予知を疑う」などで知られる地震学者の島村英紀先生が地震計を不正に売却したとの疑いで起訴されていた裁判の一審判決が出て

「懲役三年、執行猶予四年」

だ、そうです。

新聞報道を見ると、もともとは「業務上横領」で大学に告訴されたのが、どうも立件が難しいので売却先のノルウェーの大学を相手の「詐欺」に切り替えられたそうですが、支援者の通信を見ると、当の大学関係者は詐欺にあったとは認識していないと、裁判で証言したそうです。

研究の責任者にお手製の海底地震計を売る権限が無いというのも変な話ですし、資金を個人的に流用をしたわけでは無い、という点は検察のお墨付きの様ですので、単に手続きの問題の様な気もしますが、大学の事務官の証言では、海外からの送金の場合、「個人口座に送金させる」というのも通例となっていたのとの由。

どうも、お上にたてつく学者には判決が厳しいなぁ、という感想を持ってしまいます。

せめて、これを機会に大学の不正経理が減って欲しい、などと思います。もっとも、学者らしい学者の先生に経理の才能を求めるよりも、有能な秘書を雇うべきだと思いますが。

|

« 防衛省 | トップページ | 高知県東洋町 高レベル廃棄物処分場 応募 不受理 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/48778/13460237

この記事へのトラックバック一覧です: 島村英紀先生有罪判決:

« 防衛省 | トップページ | 高知県東洋町 高レベル廃棄物処分場 応募 不受理 »