« 東京電力不正の報告書 | トップページ | 国が安全を »

安全性の考え方

航空機のエンジンはひとつ止まっても安全に航行することが出来るように設計されているそうです。

飛行機のエンジンがひとつ止まったからといって、直ぐに墜落するわけでもなく、落ち着いて着陸地点を探して、安全に着陸すればよい話です。

ECCSの系統のモータがひとつ止まっても、即座に危険な状態になるとは言えず、急激な運転停止はそれ自体に不都合も多いですので、即座にとめなければならない、という規定になっていないことは、一応理解できます。

東京電力の不正の場合、エンジンがひとつ止まった状態で、(それを隠して)離陸したという形であって、運転中に壊れた場合とは、別の扱いが必要です。安全に対する心得に問題があります。

|

« 東京電力不正の報告書 | トップページ | 国が安全を »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/48778/14047437

この記事へのトラックバック一覧です: 安全性の考え方:

« 東京電力不正の報告書 | トップページ | 国が安全を »