« JAL | トップページ | 時効 »

職業倫理

北陸電力の志賀原発で、未制御の臨界を隠していた と、報道されました。

今までとは異なり、原発に運転停止の行政指導がされました。

定期検査中だったそうで、作業者の被曝が気になります。

いつも思うことですが、一般に、人の命に関わる仕事には高い倫理観が要求されるようです、医師などは代表例ですが、バスの運転手は50人分の、航空機の操縦士であれば300人から500人分の命を預かるのですから、その分の責任を負わされているように感じます。また、それなりのプライドを持って、それなりの見返りをもって責任に報いる社会でもあるように思います。

原子力発電所の場合、最悪の事態であれば、一国の命運が掛かってきますので、前出の職業とは比較にならない程の高い倫理が求められてしかるべき

なのかも知れませんが、現実には、大勢の作業員は一介の会社員に過ぎず、見返りも程ほどであり、個々人にプライドはあるかもしれませんが、人数も多いですから、集計してみれば倫理観は、その他の方式の発電所と変わるものでは無い、と、予想されます。

で、あるならば、4~5年分のエネルギーを内蔵し、一年で広島型原爆よりも3桁多い放射性物質を生成する発電所の危険を担保することは出来ない、ように、思います。

|

« JAL | トップページ | 時効 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/48778/14286961

この記事へのトラックバック一覧です: 職業倫理:

« JAL | トップページ | 時効 »