« 原子力政策配慮で甘く | トップページ | 大人の言葉 »

核処分場調査白紙撤回

高知県東洋町の町長選挙は、前町長が名乗りを上げた、高レベル放射性廃棄物最終処分場の調査候補の是非を問うものとなり、

反対派の候補が倍以上の差を付けて当選しました。

これにより、東洋町の立候補は白紙撤回となり、原子力発電環境整備機構も受け入れたそうです。

「調査の受け入れだけで銭がでるなら良いじゃないか。必ず最終処分場になるというわけでもなし」

という意見もあるかと思いますが、東海地震の想定震源域に建つ中部電力浜岡原子力発電所を見れば、自然科学的調査よりも地方公共団体の「誘致」などの社会的事情のほうが優先されるのは目に見えていますので、故郷の山河を大事にするのであれば立候補などするものではありません。

最終処分場を避けるのは「NIMBY」(おいらの裏庭は勘弁してくれ not in my back yard.)であるという主張も聞きますが、自分のゴミならともかく、他人のゴミを受け入れるのはスジが違います。

開発当初から「トイレの無いマンション」と云われ続けた原子力発電です。それでも「夢のエネルギー」と呼ばれた50年前と今とでは、原子力に対する忌避は雲泥の差なので、「こんなことなら、最初に処分場を決めておけばよかった」と思う関係者の方は多いと思います。が、

その手順ではここまで日本中に原子力発電所は作れなかったでしょう。

今後、私の予想では、最終処分場立候補のご褒美の金額がどんどん上がることになる、と思います。幾らで、誰が、自分の故郷の山河を売り渡すのか、非常に気になります。

誰も売り渡さない場合、国家の強権が発動され、地方の権利は踏みにじられるでしょう。

そのような事態を喜ばしいと思うのであれば、原子力発電に賛成すると良いと思います。

|

« 原子力政策配慮で甘く | トップページ | 大人の言葉 »

コメント

おらの田舎ではよー、交付金目当てに刑務所をよ、
増設すてな、すーじんを誘致すんこって財政を
まかなおうとするんずら。えってい、よんなか
どうなちょるんないな。
 金のためなら何でもするんかいのう。
あきれたくにになつまったげの。

投稿: アサリ | 2007年4月27日 (金) 15時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/48778/14826049

この記事へのトラックバック一覧です: 核処分場調査白紙撤回:

« 原子力政策配慮で甘く | トップページ | 大人の言葉 »