« 原子力基本法 | トップページ | 形骸化した民主主義 »

島耕作ともんじゅ

島耕作は原子力賛成か

と、トラックバックをいただきましたが(更に別のサイトにトラックバックを送ってみたりして)、

彼(もちろん、作者さんですが)は賛成ですね。

地球温暖化のネタの際も、原子力発電を推薦しています。

そういえば久しく見ていないなぁ、と思い、モーニングを見てみたら、残念ながら週が変わってました。(絵が昔とは別人が描いたかのよう。扉絵には名残あり。)

さて、週末には漫画喫茶に行って先週号を読むとして、見る前に予想してみます。

政府広報そのままに、利点を強調し、欠点は少し出して否定してみせる。

と、いう図式ではないか、と、予測します。

もともとウランは希少資源ですから増殖が無ければ、原子力発電そのものが、日の目を見ることもなかったでしょうに、50年掛けても実用化しないのでは、高価すぎて大衆のエネルギーになるのは難しいでしょう。(一応大人の言葉です。)

50年間夢のままに過ぎた夢の原子炉。

もしも夢が実現して、高速増殖炉が一般的になったら、他の形式の原子炉とは比較にならない高純度のプルトニウム239が大量に生産されることになります。

日常的に兵器級プルトニウムが流通する事態は、平和でない現代の世界では「悪夢」といえるでしょう。

|

« 原子力基本法 | トップページ | 形骸化した民主主義 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/48778/15261614

この記事へのトラックバック一覧です: 島耕作ともんじゅ:

» 続 島耕作 [つぶやき反原発]
さて、漫画喫茶で先週号のモーニングを読んできました。 弱点など書かず、ひたすら「 [続きを読む]

受信: 2007年6月 4日 (月) 23時36分

« 原子力基本法 | トップページ | 形骸化した民主主義 »