« 続 島耕作 | トップページ | 埋蔵量と可採年 »

地球温暖化と原発

地球温暖化対策として原発を

という宣伝がされています。

炭酸ガスの削減は大変結構なことですので、効率の良い機器の採用や節電、公共交通機関の利用や自転車の活用

などは大いに奨励すべきである、と、思いますが、最後の最後で、今後の気温が上がるか下がるかは「お天道様次第」という側面がありますので、副作用のある対策は行うべきではない。と、思います。太陽活動が予想よりも低調で、気温が下がった場合に副作用に悩まされるのは御免です。

本気で行うのであれば、節約だけで1990年程度は実現できると思いますし、技術革新の分を考えればもっと減らすことができると思います。

おまけに原子力には公開されていない情報が多いので、本当に炭酸ガスの抑制になるかすら、私には疑問です。少なくとも、世界で最初のウラン濃縮機器で生成された燃料では石炭を燃やした方がマシなくらい効率が悪いのは当然ですし、未だに処方が定まっていない廃棄物の扱いにも注意が必要だと思います。

政府広報を真に受けて、効率を良い方に見積もっても、投入エネルギーの数倍程度のエネルギーしか生み出さないのですから、ちょっとした間違いで、大きな誤算になる危険が潜んでいることを忘れてはならない、と、思います。

|

« 続 島耕作 | トップページ | 埋蔵量と可採年 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/48778/15328289

この記事へのトラックバック一覧です: 地球温暖化と原発:

« 続 島耕作 | トップページ | 埋蔵量と可採年 »