« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »

2008年3月

原発の耐震評価

原発の耐震審査指針の改定に伴う評価の結果が揮発油税の暫定税率の影に隠れて報道されています。

なんでも原子力安全保安院に報告されたものはすべて安全が確認されたそうで

工学は「出来る範囲で」安全性を確保するものですから、まあそういう報告がされても特に不思議という思いもありません。

石橋克彦委員が席を立って憤りを表した審査指針に合致したからといって安心できるものではありません。

あるいは、私などが心配しているのは、「想定外」の事態、「出来る範囲」を超えた場合の危険であって、既知の危険を避けるのは原子力に賛成の人の仕事であるとも思います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

道路特定財源の一般財源化

道路特定財源の一般財源化を福田首相が提示したのはすばらしい案

だと思う。

「今年から」という案であればもっと良かったのに

「来年から」では、一年以内に否決されて元の木阿弥になる公算が高い。

暫定税率は撤廃するのであれば、徐々に下げるのが吉なのではないだろうかね。

消費税上げを回避するのにガソリン税というのであれば増税でも良しか。

という政府とも自民とも民主ともすこしずつ異なる感想は結構メジャーなのではないかと思うのだけれど、どうだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

もんじゅ

なんだか仕事の忙しさが一定程度を超えると途端に書き込みがなくなってしまいます。

先日はもんじゅで一次系のナトリウムが漏れていないのに漏れたという警報が出たそうで

やっぱり事故から12年も経てば老朽化もしようというものです。もともとの設計も古いですし、技術の進歩から取り残されている観もあります。

それでも硬直化した官僚主義の原子力行政は再開を強行しようとしています。

再開の反対署名が行われています。よろしくお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »