« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »

2008年7月

ひまわり

気象衛星「ひまわり」が予算不足で存続の危機だそうで

宇宙基本法ができて軍事利用ばかりが進むような状況で、気象衛星1つの予算がでないとは。

スパイ衛星を打ち上げていながら気象衛星が打ち上げられない、などというのは異常事態で、国民の生活よりも、軍事を優先させた、いつかの日本、や北朝鮮のやることであって、日本国のやることでは無い様に思います。

軍事予算の巨大さに比べれば気象衛星くらい誤差のようなもの。「ひまわり」一機がもたらす国民の利益を考えれば、軍艦の一隻くらい減らしても良いように思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

学習会:危ない「ジョージ」がやってくる!

米軍の原子力空母が神奈川県の横須賀を母港とする計画が進んでいます。(肝心の空母が火災を起こして延期してますが)

いったい「他国」に「母港」を置くというのはどんな事態なのでしょうか。陸軍の司令部もそうです。その昔、ポツダム宣言では、日本が民主国家になった暁には連合軍は引き上げる、と書かれていたそうですが、約束は反故にされ、沖縄を筆頭に、基地が残り続け、今度は横須賀という首都ののど元に原子力空母です。

日本はいつになったら独立できるのでしょうか。


あなたのそばに 危ないジョージがやってくる

日時:7月12日(土)午後2時~4時半

場所:横浜市技能文化会館802大研修室
  (JR関内駅南口下車徒歩5分)

講師:呉東正彦弁護士
「原子力空母の横須賀母港化問題を考える市民の会」共同代表

共催:日本キリスト教団神奈川教区核問題小委員会
        プルトニウムフリーコミュニケーション神奈川

資料代:300円

詳しくは http://shimokita-project.cocolog-nifty.com/blog/2008/06/post_9278.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »