« 涙の大演説 | トップページ | 横須賀の原子力空母、敦賀の兵器級プルトニウム »

300日規定

民法の300日規定で出産届が受理されなくて、という話を日経新聞で読みましたが、300日規定があるからって、無戸籍の子を作るのはどうなのよ。

民法を見ると

第772条 妻が婚姻中に懐胎した子は、夫の子と推定する。
  婚姻の成立の日から200日を経過した後又は婚姻の解消若しくは取消しの日から300日以内に生まれた子は、婚姻中に懐胎したものと推定する。

と、あります。まず300日というのは長いよね。妊娠期間ってそんなにない。

調べてみて知ったけど、婚姻の前後で期間が違うんだ。300日が問題になるのであれば200日が問題にならない訳がない。できちゃった婚の場合1項には当たらないし婚姻から200日以内に出産した場合2項にも当たらない。

でも問題になったなんて聞いたことがない。

200日が問題にならないなら300日だって問題にしてはいけないでしょう。役場の窓口でそしらぬ顔で受け取っちゃえばいい話。何れにせよ男親は民法の規定に拠れば「推定」に過ぎないしね。推定で無戸籍の子を作るのはいけないよね。

年金なんていい加減にやったんだからさぁ。こっちもついでによろしくお願いしますよ。

いや、ちがうか。無戸籍の子を作ってでも300日規定を守ろうとするのが役所の本質であるならば、年金問題は余程組織的計画的に行なわれた結果であるに違いない。

|

« 涙の大演説 | トップページ | 横須賀の原子力空母、敦賀の兵器級プルトニウム »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/48778/43306887

この記事へのトラックバック一覧です: 300日規定:

« 涙の大演説 | トップページ | 横須賀の原子力空母、敦賀の兵器級プルトニウム »