« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »

2008年12月

もんじゅ核燃輸送

2008/12/16 01:00もんじゅ核燃輸送が常磐道を通過中

このあと、首都高、東名高速経由で福井へ行く模様

付近を走行の皆さんはご注意を

と、ここに書いてもせんないので今は無事を祈るのみです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

浜岡原発1,2号炉 廃炉へ

毎日新聞の記事を見ましたら、東海地震の想定震源域のど真ん中に建つ、中部電力浜岡原発の1号炉と2号炉の廃炉を中部電力が検討しているそうな。

中部電力が正式発表したわけではなさそうですが、読売新聞なども報道しています。

裁判所にも止めたら?と言われ、県議会でもだいぶ勢力を伸ばしているみたいな「1,2号炉廃炉」。設計時の予定では30年で寿命を迎えるはずなので、順当といえば順当です。

廃炉措置には今後四半世紀掛かる見込みで、そんな長期間後始末に掛かるような発電形式は自由経済では採用できないだろうと改めて思います。なにしろその間、原子炉は収益をあげず、お金が掛かるばかりなのですから。

30年で設計寿命と言っても、1,2号炉とも実働はもっと短く、当初予定の収益は上げていないと思われます。日本で最初の商用原子炉である東海原発などは一般消費者向け電力料金と同じくらい原価が掛かったことが知られていますが、浜岡原発もかなり悪い成績ではないでしょうか。

損益が改善するまで無理やり寿命を延ばすかと思いましたが、さすがに設計寿命の来ている機材に大金を掛けることは避けるようです。

また、6号炉増設が許されないことと、3,4,5号炉が早期に廃炉になることを望みます。

あ、よく見たらまだ「検討」じゃない。記事が断定口調だからもう決定かと思ってた。ぬか喜びになりませんように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

田母神激白核武装宣言

今週の週刊現代の表紙を見てビックリ

「田母神激白核武装宣言」

とあるので、早速買ってみました。

話題になった田母神俊雄氏の主張を大々的に掲載しています。氏が現実を直視できないらしいのは最初の段で分かります。

曰く

「日本はいい国だ」と言ったら「お前はクビだ!と宣言されたのですから

違うから

国家公務員が国の正式見解と異なることを好き勝手に言うと世間が混乱するから怒られたんです。

と、教えてあげる親切者は近所にいなかったのでしょうか。(大体クビになってないし。)

米軍撤退と核武装論が対になって出てくるのは理解できます。国家公務員を辞めてからなら表現の自由は保障されるべきだと思いますので、論文を書いても自由だとも思います。

核武装を宣言することが貿易立国日本の国益に沿うとは到底思えませんけどね。

「消滅を望むはずがない」という生物の根源から導き出される「核廃絶」、「恒久平和」の主張は、やはり揺るがないとも思います。

氏は核武装が日本の「タブー」であることを悪いことのように書いていますが、私は良い「タブー」であると思います。世界中が核武装国だらけになってしまうのは、悪夢以外のなにものでもありませんから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

柏崎刈羽でまた火事

中越沖地震に被災して、修理中の柏崎刈羽原発で、また火事がありました。

消防への通報に1時間も掛かったというのがおかしな話で、「出来れば外には内緒にしたかった」という雰囲気が漂います。(あるいは他にも内緒の小火があったんじゃないかと勘ぐりたくもなります)

溶接現場で火事が起きても特に不思議は無いとは思いますが、11月の火事で柏崎市消防本部が文書要請をしたばかりなのにまた火事というのは、現場は劣悪な環境なのではなかろうか、と思います。

再開へ向けてスケジュールを短縮したい東京電力。突貫工事作業による修復作業は果たして信頼できる品質を維持できるのだろうか。という疑念を呼び起こすに十分な火災頻度だと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

晴れたる青空

と、いうわけで、原子力空母反対のデモをしに横須賀に行ってきました。

Pc0721992横須賀市役所前公園出発の様子、見事に晴れた空です。

Pc0722283街中の様子。

Pc0722532で、米軍基地前です。

Pc0722862ヴェルニー公園で集会

参加者は100名内外でしょうか。歓喜の歌の替え歌を歌い、原子力空母不要を訴えました。

終わった後、軍港めぐりの船に乗りたいな、と思ったのですが、残念ながら終わってました。また今度の機会にでも。空母に物投げちゃダメですよ、と釘を刺されましたが^^;

原子力空母は不要です。戦争に反対であれば不要であるのは当然ですが、たとえ戦争に賛成であっても不要です。市民を危険にさらし、税金の無駄遣いとなる原子力空母の横須賀母港化反対に賛同をお願いします。

今後も機会のあるたびに横須賀に行こうと思います。

横須賀の原子力空母化問題の詳細とかは、http://cvn.jpn.org/ 原子力空母の横須賀母港問題を考える市民の会を参照してください。

注:写真をクリックすると大きいサイズのが開きます。(ココログの制限で1Mは無いですが大きいですよ。)

追伸、デモの様子をパノラマにしてみました

| | コメント (0) | トラックバック (0)

QTVR

昨日行った敦賀の「もんじゅ」を廃炉へ全国集会で撮った写真をQTVRでパノラマムービーにしてみた

場所は白木海岸。集会が始まるちょっと前かな。まだ人が遠くに散らばってます。
人家と「もんじゅ」の位置関係はこんな感じ。「もんじゅ」が無ければ海水浴に最適ですね。

昨日は海岸は波が荒くて、でもサーフィンをやっている人がいました。

ムービー作成にはHugin+Pano2QTVRを使用しました。レタッチとかしてなくてこれだけ繋がるんだからすごいね。QTVRと言えば全周がホントかもしれないけれどやっぱり難しい。シリンドリカルだと簡単。で、結構おもしろいので、最近ちょっとハマッテマス。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

「もんじゅ」を廃炉へ

福井日帰りで「もんじゅ」を廃炉へ全国集会に参加してきました。

敦賀駅の待合室のテレビには「もんじゅ」の宣伝が流れているし、時間調整で入った喫茶店のテレビに映っていたのは「もんじゅ」の宣伝番組(提供は文部科学省)

いやはや、原発推進の宣伝に掛けている労力は大変なものです。

問題の宣伝番組で海外の高速増殖炉を紹介するシーンがあったんだけど、米英仏露の4ヶ国が過去の実績、現在進行中が中国、インド。。。あからさまに核武装国ジャン。わかりやすい説明ありがとうございます。

日本以外では、核武装国以外に実績も予定も無いLMFBR。原型炉の次の実証炉は余りに設計が「もんじゅ」と違うのでいまさら「もんじゅ」を稼働しても役に立つとも思われず、13年も止まっていたプラントを大金掛けて再稼働するという荒技は果たして何のためか。

役人の意地と政治家の核夢想というのが正解のような気がします。

海岸で気勢を上げて、
Kaigan01

デモやって、Kaigan02

申し入れしてKaigan03


集会やってSyuukai01

またデモやって

Demo


日帰りなので、疲れました。(警察発表850人の集会でした)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

横須賀の原子力空母、敦賀の兵器級プルトニウム

横須賀から原子力空母のイベントのお誘いが来ました。

日曜日。行けるかな?土曜日はもんじゅの集会で福井に行きます。

--------------------------------------------------------------------
9月末、多数の市民が反対する中、原子力空母ジョージ・ワシントン(GW)が横須賀に配備されてしまいました。

これに対して横須賀市は、湾内観光船を「軍港めぐり」として全面支援し、続いて米海軍と「ネイビーバーガー」なるハンバーガーを共同開発すると発表、米軍との協調路線を観光の目玉にしていくつもりです。そんな中、12月6日には、空母の一般公開もされます。
 
一方、入港直前に起きたGWの火災の再発防止策は、改修費が7千万ドル(70億円!)という莫大なものでもあったのにも関わらず、いまだに不明瞭です。
また、今夏あきらかになった原潜ヒューストンの2年間にわたる放射能漏れについての対策も明示されていません。

このような中、原子力艦船の危険性を訴える私たちは下記二つのイベントを開催します。ぜひともご参集ください、そしてぜひ、ご広報いただければ幸甚に存じます。

xxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxx
◆12月7日(日)
 「いらない原子力空母-第九パレード 」
 13時 横須賀市役所前公園出発~米軍基地~ヴェルニー公園
◆12月14日(日)
「横須賀基地の現状と原子力空母のの安全性を問うー市民シンポジウムー」 
 パネラー:井原勝介さん(前岩国市長)/梅林宏道さん(ピースデポ)ほか
  17時~ ベルクよこすか 会場電話 046-822-0202
 ◆ともに、場所は、京急横須賀中央駅から徒歩5分ほどです。
xxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxx

現在の横須賀の原子力空母の状況につきましては下記をご参照ください。
http://cvn.jpn.org/
原子力空母の横須賀母港問題を考える市民の会
お問合せ 046-827-2713(横須賀市民法律事務所内)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

300日規定

民法の300日規定で出産届が受理されなくて、という話を日経新聞で読みましたが、300日規定があるからって、無戸籍の子を作るのはどうなのよ。

民法を見ると

第772条 妻が婚姻中に懐胎した子は、夫の子と推定する。
  婚姻の成立の日から200日を経過した後又は婚姻の解消若しくは取消しの日から300日以内に生まれた子は、婚姻中に懐胎したものと推定する。

と、あります。まず300日というのは長いよね。妊娠期間ってそんなにない。

調べてみて知ったけど、婚姻の前後で期間が違うんだ。300日が問題になるのであれば200日が問題にならない訳がない。できちゃった婚の場合1項には当たらないし婚姻から200日以内に出産した場合2項にも当たらない。

でも問題になったなんて聞いたことがない。

200日が問題にならないなら300日だって問題にしてはいけないでしょう。役場の窓口でそしらぬ顔で受け取っちゃえばいい話。何れにせよ男親は民法の規定に拠れば「推定」に過ぎないしね。推定で無戸籍の子を作るのはいけないよね。

年金なんていい加減にやったんだからさぁ。こっちもついでによろしくお願いしますよ。

いや、ちがうか。無戸籍の子を作ってでも300日規定を守ろうとするのが役所の本質であるならば、年金問題は余程組織的計画的に行なわれた結果であるに違いない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »