« 国民年金 | トップページ | 豚肉の殺菌? »

経産省が水素スタンド

日経新聞によりますと、経済産業省が高速道路に燃料電池用水素スタンドを作るって

個人的感想ですが、水素を燃料とした燃料電池車って流行らないと思うんです。なんといってもボンベにしろ水素吸蔵合金にしろ、乗用車に積めるサイズだとエネルギーの総量が少なくてガソリン車に比べると航続距離が伸びないはずなんで、だから燃料電池としては水素よりも難しくても、各社一生懸命エタノール燃料電池の開発を頑張っているわけで。

エタノールなら内燃機関にも使えるし、燃料電池用のスタンドをつくるならエタノールのスタンドの方が先じゃね?と思います。(プロパンの拡充でも良いけど)

記事には「例えば製鉄所の副産物」と書いてありますが、どうも水素に拘る人は原子炉で水素を作るのと連動させたいみたいなんですよね。水素を作る原子炉は多分高温炉になって安全性や経済性は(私が許容できない)現在の原子炉よりも劣るでしょう。当然反対です。

水素を使うくらいなら充電池を使った電気自動車の方が良いんじゃないかとも思います。少なくとも現時点での実用性は上だし、将来も多分安い。

家庭に水素パイプラインという案もあるそうですが、都市ガスとの二重投資になりますから不経済この上ない案です。既に都市ガスの燃料電池は開発済みですから水素の出番は天然ガスが枯渇するまでは無いでしょう。

|

« 国民年金 | トップページ | 豚肉の殺菌? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/48778/44816519

この記事へのトラックバック一覧です: 経産省が水素スタンド:

» ガソリンカード [ガソリンカード]
ガソリンカードは、便利、簡単、お得 [続きを読む]

受信: 2009年4月30日 (木) 23時07分

« 国民年金 | トップページ | 豚肉の殺菌? »