« 公開の原則 | トップページ | 太陽電池 »

僕はLove Me Tenderを聴いた

ところで、今月は2回ほど、東海地震の想定震源域の真ん中に建つ中部電力浜岡原子力発電所周辺をうろついていたのですが、警察の職質を2回受けました。

最初は浜岡原発の近所で写真を撮ってたんですが、原発敷地からパトカーが出てきて、「なにやってます?」と、声を掛けられまして。別にけんか腰ではなくて、普通の駐在さんの雰囲気でしたね。ハイ。

「一応、身分証明書を見せて貰ってます」というので、素直に見せますと、「911の後、警備強化の一環で。。。」と、おっしゃいますので、つい

「え?この環境でテロに対策できるんですか?」

と言っちゃいましたよ。だだっ広い海岸に接した敷地でなに言ってんだか。

警官の方もその辺は判っているようでしたが、それでも上司に言われた職務は遂行しないといけないのですね。げに恐ろしきは宮仕えかな。

2回目は月曜日のMOX燃料の抗議に行って、取材のマスコミの後ろあたりで入港待ちをしていたら、順繰りに事情聴取ですよ。マスコミの方は特に身元を控えたりはしてなかったみたいですが、私の名前と住所は控えていきましたね。こちらは港湾警備という名目でしたが、本当に危険な人が職質されるような場所にいるはずも無く、単なる嫌がらせか、言論弾圧の為の準備以外には役に立ちそうもありません。

役に立たないことに労力を割くことほどバカバカしいことはありませんが(税金の無駄遣いですね)、弾圧のための名簿作りであれば、そこそこ役には立つでしょう。それだって、私のような一般庶民の名前がバシバシ入っているとその名簿も役に立たなくなっていくでしょうがね。

ぶっちゃけ、MOX燃料でこうであれば、兵器級プルトニウムが生産される高速増殖炉のブランケット燃料なんかはどういう扱いになるのかと思うと気が重くなります。核燃料サイクルに賛成な人は、自由が全く無い、完全な管理社会になることを、よろこんで受け入れるような人達なんでしょうか。


そんなハズは無いですね。(と、信じたい)


で、その後、集まった人達で自己紹介やらMOX批判やら浜岡批判やら原子力批判やらをしていたのですが、ここでも警察が登場です。ほんの少しの人数が、ちょっと港に集まってちょっとマイクを使ったからと言って警察が出張ってくるのはちょっと行き過ぎでしょうねぇ。街中で騒音を響かせたわけでもなし。(この警察の動きが一番マスコミの関心を引いていたように思うのは気のせいでは無いでしょう)

住民が集まってカラオケしてても険悪な顔をした警官が駆けつけるのでしょうかねぇ。丁度警察が来たときに私がマイクを持っていたので、「(原発批判がダメなら)カラオケでもしましょうかね。」と、RCのLove Me Tenderと Summertime Bluesを端折って歌いました。(お耳汚しで申し訳ない。)

(と、言いつつ、)次は「Love Me Tenderを聴いたか?」もレパートリーに入れときたいと思います。

カバーズはそれでも発売できたけれど、この曲は結局短縮版しかCDに収録されなかったんだね。(コブラの悩みに「君はLOVE ME TENDERを聴いたか?(SPECIAL SHORT VERSION)として収録されています。)

以下、私がyoutubeにアップされたDEMO版から起こした詩


君はLove Me Tenderを聴いたかい
僕が日本語で歌ってるヤツさ
あの歌は反原発の歌だって、みんな言うけど
ちがう、ちがう、それはちがうよ
あれは「反核」の歌じゃないか
よく聞いておくれよ
「核は要らない」って歌ったんだ

それとも、原子力発電と核兵器は、同じものなのかい
発電所では、核兵器も、作ることができるのかな
まさか、まさか、そんなひどいこと、してるわけじゃないよね
灰色のベールのその中で、またそんなことをしてるのかな

君はLove Me Tenderを聴いたかい
僕のあのいかれた替え歌さ
あんなに小さな声で歌ったのに、みんなに聞こえちゃったみたい
誤解、誤解、しないで、彼女へのラブソングなのに
反原発ソングなんてそんな音楽があるとは知らなかった

ただのロックじゃないか
なんか変だな
レコード会社も新聞もテレビも雑誌もFMもばかみたい

なにを騒いでたの


長崎型原爆と同じプルトニウムを使用した核兵器を作ろうと思ったら原子炉を作る必要があります。日本の原子炉の中では初期に作られた東海原発の黒鉛減速炉と、「もんじゅ」の高速増殖炉が核兵器用のプルトニウムに適した炉です。浜岡原発のような軽水炉でも頑張れば兵器用プルトニウムを製造できるでしょう。世界恒久平和は原子力利用の絶対的前提条件です。

以下、私からの返歌です


僕はLove Me Tenderを聴いたよ
君が日本語で歌ってるヤツさ
あの歌は反原発の歌ってみんなは言うけど
ちがう、ちがう、それはちがうよ
あれは「反核」の歌じゃないか
ちゃんと、ちゃんと、聴いたよ
核は要らないって歌ってたよね

そうとも、原子力発電と核兵器は、同じようなものさ
発電所では、核兵器も、作ることができるんだよ
まさか、まさか、そんなひどいことしてるわけじゃないよね
灰色のベールのその中で、そんなこと許されやしない

僕は Love Me Tender を聴いたよ
君のあのいかした替え歌さ
あんなに小さな声で歌ったのに、みんなに聞こえちゃったみたい
誤解、誤解、しないよ、みんなへのラブソングだよね
反原発ソングなんてそんな音楽があるとは知らなかった

ただのロックじゃすまない
やっぱり変だよね
レコード会社も新聞もテレビも雑誌もFMも知らないはずがない

核だから騒いでたの


|

« 公開の原則 | トップページ | 太陽電池 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/48778/45068948

この記事へのトラックバック一覧です: 僕はLove Me Tenderを聴いた:

« 公開の原則 | トップページ | 太陽電池 »