« 憲法13条 | トップページ | 新潟県知事、柏崎刈羽の試験運転に同意 »

改憲論議

憲法記念日ということで、今日は一日9条TシャツRimg0334
を着ていました。(笑)

憲法記念日の度に改憲が取りざたされるようになって久しいですが、

私などは改憲しないと制度改正できないものなど「天皇制」くらいだと思うので、「改憲」というと「すわっ天皇制廃止か!」と身構えてしまいたくなるところですが、世間では改憲と言うと、9条と参議院の改正ばかりがネタになります。大雑把に言えば戦前の暴走を教訓に入れたブレーキを外そうというのですから、これは賛成できませんね。

孫子の昔から戦争をしないことが上策なのは変わらず、兵器の進歩にしたがって戦争の害は飛躍的に伸びているのですから、非戦の価値はますます上がっていると思います。

最近の風潮は軍国主義というか、「戦争ごっこ」をしたがる雰囲気が伸びてきていて、今のままでは後1/4世紀くらい(根拠は無いけれど)で9条は改正されてしまうのではないかと危惧しています。

なにやら新聞の社説などを見ていましても、「現実にそぐわない」から「改憲」だという意見まであるのですが、そんなこと言ってたら、憲法の意味が半分失われます。

憲法は理想主義がよろしい。現実が異なるのであれば理想に近づくように努力する。

というのが、やはり王道だと思います。

米ソ冷戦すら生き延びた9条ですから、今更、変更する必要性など言われても、説得力に欠けると思います。

なお、前半にちょっと出てきた天皇制についての私の立場は「護憲」ですから、当然、天皇制容認です。

|

« 憲法13条 | トップページ | 新潟県知事、柏崎刈羽の試験運転に同意 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/48778/44883764

この記事へのトラックバック一覧です: 改憲論議:

« 憲法13条 | トップページ | 新潟県知事、柏崎刈羽の試験運転に同意 »