« 衆議院選挙 | トップページ | 民主 圧勝の勢い? »

地震と浜岡原発

8/11の駿河湾の地震は気象庁マグニチュードで6.5と、まぁ大きい地震の中では小さめの地震でしたが、震度6強を記録して、東名高速の路肩が崩れたりしました。

中部電力浜岡原発のある御前崎市でも震度6を記録しています。

幸いなことに原発は停止に成功しましたが、20日の報道に拠れば、ヨウ素131が排気筒から漏れているそうです。

最新型の5号機の揺れが一番酷かったそうで、500ガルを超えたそうです。

想定東海地震はマグニチュード8で震源ももっと近いことが予想されていますので、中部電力の耐震設計の前提となる地震想定の妥当性が非常に揺らいでいると思います。(ぶっちゃけ信用できない)

8/21付け日経新聞の社説には「東名崩落は防災への警鐘だ」とありますが、日経新聞は原発賛成だからなのか浜岡原発への言及もありません。(賛成だからと言ってクチを噤むのは健全な精神とは思われません。)

建前としては原発は「他の建築物に比べて耐震基準が明確でかつ厳しい」ということになっておりますが、じゃあ東海地震に耐えるかというと、また別の話。想定している地震の規模が狂っていたのでは耐震設計をいくら頑張っても意味がありません。

そもそも、一つの土地の中に原発を順番に建てるとすれば、最初に建てるときに一番地盤の良い場所に建てそうで、当然最後に建てた5号機が一番悪い地盤に立っているのではないかと想像することもできます。今回、1~5号機で5号機が一番揺れた理由としては、そんなところではないかと思っています。

ですから、昨今計画されている6号機は更に大きな揺れにさらされる危険を覚悟しなければならないでしょう。

ついでに書いておきますが、米国の原発なんかは大体一つのサイトには2基が基本です。1基では付帯設備の利用効率が悪いですが、3基以上を一つのサイトに建てるのは廃熱の都合もありあんまり合理的には見えません。

6号機は勘弁して欲しい、と思います。

ついでにそんな場所に建っている原発でプルトニウムを利用しようというのも勘弁して欲しいと思います。

|

« 衆議院選挙 | トップページ | 民主 圧勝の勢い? »

コメント

こんにちは。初めてコメントします。

2基以上は効率が悪いというのは初めて知りました。勉強になります。ありがとうございます。

私も浜岡で、6号機新設とか、プルサーマルは勘弁して欲しいです。今浜岡は全部止まってると思うのですが、火力水力とちがって原子力は発電を止めたからと言って全く危険が無いわけではないと思いますがどうなのでしょうか。

昨日03日22時26分頃地震がありました。

震源地は薩摩半島西方沖 ( 北緯31.1度、東経130.3度)で震源の
深さは約170km、地震の規模(マグニチュード)は6.0と推定されます。

・・・

今回深かったですが又8月11日の静岡の地震の時みたいにポイントがズレて浅く揺れたら、川内原発も心配です。

投稿: さかなちゃん☆ウクレレ | 2009年9月 4日 (金) 09時29分

すみません。ちょっと筆が滑ってますね。

最初から4基とかで設計しているのであれば、特に効率が落ちることは無いと思いますが、最初は2基で設計し、後で追加した場合、給排水等にに無駄が生じると思います。

アメリカでは2基一組が基本ですから、米国から技術導入した日本では実質的に2基が効率が良くなると思います。

投稿: 原田 | 2009年10月 2日 (金) 23時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/48778/45993244

この記事へのトラックバック一覧です: 地震と浜岡原発:

» 「浜岡原発」を含むニュースと関連グッズの紹介 [イマナビ!News&Shopping]
イマナビでは「浜岡原発」を含むニュースと関連グッズの紹介をしています。「浜岡原発」に興味があれば是非ご覧ください! [続きを読む]

受信: 2009年8月22日 (土) 06時30分

« 衆議院選挙 | トップページ | 民主 圧勝の勢い? »