« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »

2010年1月

銀座の交差点で平和を叫ぶ

昨日は沖縄新基地反対の集会に参加しました。

会場はこんな感じです。
Rimg0005s

会場の日比谷野外音楽堂は「立ち見」も出て一杯一杯でしたから、5000人以上は会場に集まっている感じです。

集会の後はデモ行進です。
Rimg0019s

「反戦」をキーワードにして周辺の人が集まってくるので、横断幕には、基地問題以外も混じっていたりします。これは原子力空母反対の横断幕ですね。
Rimg0021s_2



沖縄では新聞も大きく扱っているようです(こことか、こことか)が、全国新聞では扱いが小さいんですよね。私が取っている新聞では、ベタ記事一こまでした。

昔なら全国の人は「知らない」で終わっちゃっていた問題も、最近ではネットでニュースを見る人が多くなってきたので、たとえばgoogleニュースに載れば全国の人に知られるようになったのは、大きな変化のようにも思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

温暖化ガス

1/27日付日経新聞に"「25%削減」国連に提出"という記事が載っているのですが、見出しには「温暖化ガス」と、あります。

「CO2」じゃないんだ。

「ニュースはネットしか読まない」層では既に「温暖化CO2原因説」はマイノリティになっている感もあります。(マスコミ的にはクライメートゲートがきっかけでしょうか)新聞等も温暖化の原因を全部CO2にするのは止めるのでしょうか。

原発推進の錦旗に温暖化があるために色々調べてみましたが、どうも私も温暖化の原因をCO2とするのは「弱い」ように思います。省エネとかには賛成ですがね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アバター

映画「アバター」を見てきました。

ダンス・ウィズ・ウルブスを思い出しました。^^;

ストーリーにはいろいろ不整合がありますが、とにかく圧倒的な映像にビックリ。ちょっと前なら「絵にしか描けない」映像が実写のリアリティで描写されています。(CGなんだから「絵」なんでしょうが)

3Dとかの付加価値がなければレンタルビデオで済ませてしまう人が多いのは想像に難くないので、劇場公開用映画の3Dはわざわざ足を運ぶ動機づけのメインかもしれませんね。もっとも今年は家庭用3Dがいろいろ出てくるみたいなので、プロのみなさんもなかなか大変です。

ちょっと劇場の都合か、音が今一でした。「家庭では経験できない」という意味では高品位大音量も劇場の命になるように思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

名護市長選

名護市長選で辺野古への米軍基地に反対の立場を取る稲嶺氏が当選。まずはおめでとうございます。

まだ予断は許されないけれど、こんだけ反対の声が大きいのであれば、辺野古への基地建設をあきらめた方が良い、と、民主党や米国関係者が考える、、と良いなぁ。

なんだかんだ言って米国は実務的には現実路線を選択すると思うので、無理に辺野古に拘るよりも別の案を検討した方が良いと考える、んじゃないかなぁ、甘いかなぁ。

地元住民の支持が無い基地は辛いよぉ>米国(そりゃ承知の上だろうけど)

辺野古への建設計画が失政だったとして、後始末をどう付けるかというのが日米両国首脳の政治的手腕が問われるところだと、私なんかは思うのです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

韓国旅行

嫁が韓国に行きたいっていうので、先週行ってきました。

一番の目的は「ナヌムの家」だったんです。(2番目がサムゲタンで3番目が買い物。サムゲタンは韓国では円換算1000円くらいで量も多いので2泊3日で3回も食べちゃいましたよ。)

火水木の2泊3日の旅行日程を決めてから水曜日がおやすみだと気づいて愕然!最終日の飛行機に乗る前に大急ぎで見学に行きました。

で、よくよく調べてみたら、水曜日が休みの理由が日本大使館前での抗議行動だということで、2日目にはこちらも見学。しかも900回目(!)ということで、報道関係者も多く集まっていました。P1137794週一回の抗議行動を1992年から続けているのですから、一刻も早い解決を望みます。参加者は日本の同種集会と比べると若い女性の支援者が多い印象ですね。(因みに気温は氷点下10度くらい。お年寄りには辛い季候です。)

3日目はナヌムの家へ。地下鉄で江辺駅へ行き、そこからバスで一時間くらい。更にタクシー。降りるバス停を間違えちゃった(タブン一つ手前のバス停)けど、道端でタクシーを捕まえたので、まぁ大したロスはなかったでしょう。ソウルのバスは格安で1時間くらい掛かる場所なのに1800ウォン。タクシーは15分位で、8000ウォン。P1147845

歴史資料館の内容は事前に知識としては持っていましたが、歴史では無く現在の問題であることを実感することが訪問の意義でしょうか。後は女性の為のアジア基金が当事者に酷評されている事は知りませんでした。

帰りはバスターミナルまでタクシーでそこからリムジンバスで金浦空港へ。(リムジンバスは立派なのでちょいとお高い7000ウォン。乗る前に自動販売機でチケットを買うんですが、文字が分からないので係の人にやってもらいました。)12:30のバスにのる必要があったので駆け足訪問になってしまいました。これから訪問予定がある方は、ソウル泊の場合、出来れば夕方まで予定を空けて訪問するのがよろしいかと思います。ソウルの夜はビックリするほど長いので夕方ソウルに戻っても食事やショッピングは十分楽しめます。

因みに事前にメールで連絡を入れると日本人スタッフの方が対応してくれますので、気楽に訪問して深刻に帰ってくると丁度良いと思います。

ところで、日本に帰ってきてからニュースサイトを見ると、900回という節目の抗議行動ですから、共同通信が写真付で配信しているので地方の新聞社はネットに水曜日の抗議の様子をニュースを掲載しているようでしたが、大手の新聞社はベタ記事も無かった様子。

正直な話、法的に普通にやっていては(犯人探しをするには時間が経ちすぎているし、既に死亡している公算が高い)解決することは無いでしょうから、政治家の手腕が問われる問題だと思います。「日本政府は私たちが死ぬのを待っている」といつまでも言われないよう、人道的行動をお願いしたい、と思います。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »