« 温暖化対策に偏りすぎ | トップページ | トヨタのリコール »

日経社説

日経新聞の社説を見ると「社説 低炭素化へ電力の供給体制を見直そう」と題しています。

首尾一貫していれば良いのだけれど、小見出しがどうも矛盾しています。

「競争促して料金を抑制」
「原発へ政府関与強めよ」

一方では競争を促し、もう一方では政府の保護。原発だけを保護し、電力料金の抑制は他の発電方式にお任せ、ということになります。これでは他の発電方式の人が堪りません。

それにしても、むかしむかし、原子力発電の売り込みの立ち上げ時期には、「メーターで計るのがバカバカしい位安くなる」というふれこみでしたが、半世紀経って、すっかり「原発は高いモノ」というイメージが定着したようです。

|

« 温暖化対策に偏りすぎ | トップページ | トヨタのリコール »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/48778/47454827

この記事へのトラックバック一覧です: 日経社説:

« 温暖化対策に偏りすぎ | トップページ | トヨタのリコール »