« 日中の間 | トップページ | 日本と中国の両方とも »

柏崎刈羽燃料破損?

中越沖地震でダメージを受けて、慎重派の学者達が「止めとけ」というなか動かしだした東京電力柏崎刈羽原発7号機で燃料棒から放射能が漏洩しているようです。

http://www.tepco.co.jp/nu/kk-np/state/unit7/u7_data-j.html

本当は燃料棒というのは密閉されていて外にはキセノンとか出てこないはずなんだけどね。出てくるということは穴が開いているということで、困るのはその穴から燃料棒の中に水が入ると中で膨張して燃料棒が裂けたりする。

というのを昔なんかの報告書で読んだ。

そうなると結構大量の放射性物質が冷却水中に出てきて、それはあっちこっちを経由して外に出てくる。

だからちょっとした放射能の漏れを検出したらさっさと止めて点検するのが「昔の基本」だったんだけど、最近は止めずに済ませたいという願望が強くて安全性は軽視されているらしい。

Leak Before Breakって言ってたんだけどもLeakを無視してたんじゃ意味無いね。

柏崎刈羽止めるべし。

って、現実問題、今アレにストップ掛けられるのは新潟県知事くらいなので、新潟県知事に意見しようか。
http://www.pref.niigata.lg.jp/kouhou/1193760968244.html

|

« 日中の間 | トップページ | 日本と中国の両方とも »

コメント

ぞ・・つあなグ 
グルなうら

ネ・ネ・ネ

投稿: 反原発ジャスティス | 2010年9月21日 (火) 01時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/48778/49510609

この記事へのトラックバック一覧です: 柏崎刈羽燃料破損?:

« 日中の間 | トップページ | 日本と中国の両方とも »