« R-DAN(福島第一原発西45kmの線量) | トップページ | 北風 »

福島第一原発2号炉

海水注入中の福島第一原発2号炉で圧力逃がし弁が閉じたという報道がありますが

海水を注入していますから、塩などが詰まっている可能性などもあると思うのですが、もちろん、本当のところはわかりません。

記者会見一部しか見れませんでしたが、東京電力が格納容器の弁か圧力容器の弁かも分からないとコメントしています。彼らは「圧力が上がり続けているから弁が閉じてしまったに違いない」と判断しているのではないでしょうか。本来なら、各弁は開閉の表示がコンソールに出るはずですが、表示自体は開を示しているのでしょう。そうすると、弁にナニカ詰まったか、そういう可能性もあると考えます。

とはいえ、今は祈るのみ。

水さえ入れることができれば、気化熱なども含めて、冠水していなくても冷却されるのですが。

|

« R-DAN(福島第一原発西45kmの線量) | トップページ | 北風 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/48778/51122598

この記事へのトラックバック一覧です: 福島第一原発2号炉:

« R-DAN(福島第一原発西45kmの線量) | トップページ | 北風 »