« 東京都水道水から放射能 | トップページ | 放射冷却と放射能の被害 »

転載: ■放射能汚染:厚労省の暫定基準は妥当か

下記資料をメールでいただきました。どうも政府の信頼性が揺らいでいますので、できるのであれば、ご自身で確認すると良いでしょう。

お子さんの心配をなさっている親御さんからは、「そんな難しい話わからない!」という声もあるとおもいますが、子育ての上で、よく分からない危険などいくらでもあるでしょう。しっかり心配してください。

いま一番心配なのは乳幼児、妊娠、授乳期の女性です。福島県、茨城県北部の方は、関西などに移動できるなら、今後の情勢はどうなるか分かりませんので、移動をお勧めします。ただし、移動にもリスクがありますから、どちらのリスクをとるのか、親としてしっかり判断してください。

大人の方は、安全な食品、水を子どもに回すようお願いします。
----------------------------------------------------ココから
議論や判断の材料の一つにお使いください

■放射能汚染:厚労省の暫定基準は妥当か

 東京電力福島原子力発電所の事故に厚労省は3月17日、急きょ、食品に対する放射能汚染の暫定基準値を発表した。3月21日は食品安全委員会へ「放射性物質について指標値」について諮問した。この間のドタバタを「原発に追われ、食品出荷規制は後手」と産経新聞が報じている。

 ・産経新聞, 2011-3-22
  「原発に追われ、食品出荷規制は後手」
   http://sankei.jp.msn.com/politics/news/110322/plc11032222430043-n1.htm

 ・厚労省, 2011-3-17
  「放射能汚染された食品の取り扱いについて」
   http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/2r9852000001558e-img/2r9852000001559v.pdf

 ・厚労省, 2011-3-21
  「食品衛生法上の指標値に関する食品安全委員会への諮問について」
   http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/2r98520000015mk5.html


  17日に厚労省が公表した暫定基準は、原子力安全委員会が策定した「原子力施設等の防災対策について」で示された「飲食物の摂取制限に関する指標」をそのまま使っている。この指標は、年間50ミリシーベルトの被ばく量を前提に算出されたものである。さらには「災害対策本部等が飲食物の摂取制限措置を講ずることが適切であるか否かの検討を開始するめやすを示すもの」と確定的なものではないことも明確にしている。拙速に、現在の暫定基準を横滑りすることなく、少なくとも国際的なガイドラインも考慮し、かつ基準値の根拠を明らかにした上で基準値を設定すべきである。

 ・原子力安全委員会:「原子力施設等の防災対策について」
   表3 飲食物摂取制限に関する指標 (P.26)
   http://www.nsc.go.jp/anzen/sonota/houkoku/bousai200307.pdf


  食品に対する放射能汚染については、WHO(世界保健機構)やコーデックスでもガイドラインが示されている。WHOでは『非常事態および災害における環境健康:実際的なガイド』(2003年)を制定しています。一方、コーデックスでは『食料と資料における汚染と毒素に関する一般基準』の中で、通常時の食品への放射能汚染のガイドラインを制定している。これら3つのガイドラインでは、一部の核種や基準値が異なっている。成人向けの食品についての基準値を比較すると表1のようになる。厚労省の基準値は、放射性セシウムでは他の2つより低くなっているものの、放射性ヨウ素では、WHOの非常事態での基準の2倍となっている点は問題である。少なくともWHO基準以下に設定する必要がある。


 ●[表1]食品に対する基準値比較 ※( )は厚労省暫定基準区分
  -------------------------------------------------------------
   核種        厚労省  CODEX  WHO
  -------------------------------------------------------------
   Cs-134, Cs-137     500   1000     1000    
   (放射性セシウム)
  -------------------------------------------------------------
   I-131         2000    100     1000
   (放射性ヨウ素)
  -------------------------------------------------------------
   Sr-90              100     100
  -------------------------------------------------------------
   U-235         100    100
   (ウラン)
  -------------------------------------------------------------
   Am-241, Pu-238, Pu-239  10    10      10
   (超ウラン元素)
  -------------------------------------------------------------


  飲料水については、WHOが非常事態ガイドラインのほかに通常時の「飲料水水質ガイドライン」を制定している。成人向けの基準値を比較すると表2のようになる。厚労省の基準値は、放射性セシウムを除きWHOの非常事態ガイドラインよりも高く設定されている。少なくとも放射性ヨウ素の基準は、WHOの非常事態基準まで下げるべきでる。

 ●[表2]飲料に対する基準値比較 ※( )は厚労省暫定基準区分
  ---------------------------------------------------------
                    WHO   WHO
   核種         厚労省  非常事態  飲料水
  ---------------------------------------------------------
   Cs-134, Cs-137      200    1000     10
  (放射性セシウム)
  ---------------------------------------------------------
   I-131           300   100     10
   (放射性ヨウ素)
  ---------------------------------------------------------
   Sr-90                100    10 
  ---------------------------------------------------------
   U-235          20   1
   (ウラン)
  ---------------------------------------------------------
   Am-241, Pu-238, Pu-239    1     1     1
   (超ウラン元素)
  ---------------------------------------------------------


  4つのガイドラインの関係分(抜粋)は、以下通り。

 ●[表3]厚労省暫定基準:「放射能汚染された食品の取り扱いについて」

  ○飲食物摂取制限に関する指標
   http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/2r9852000001558e-img/2r9852000001559v.pdf

  ※原子力安全委員会「原子力施設等の防災対策について」
   表3 飲食物摂取制限に関する指標 (P.26)
   算定基準:50mSv/年
   http://www.nsc.go.jp/anzen/sonota/houkoku/bousai200307.pdf


 ●[表4]WHO:非常事態および災害における環境健康:実際的なガイド
   付則5:電離放射線に対する防護と放射線源の安全性のための
       国際的な基本的安全基準

  表4.一般的食品限界レベル 
   ※単位が kBq/kg と記載されているが、Bq/kg の誤植と思われる。
    原文のタイトルでは (Bq/kg) と記載されている。

   http://www.who.int/water_sanitation_health/hygiene/emergencies/em2002ann4-6.pdf


 ●[表5]CODEX:食料と資料における汚染と毒素に関する一般基準
    "CODEX GENERAL STANDARD FOR
      CONTAMINANTS AND TOXINS IN FOOD AND FEED"
   http://www.codexalimentarius.net/web/more_info.jsp?id_sta=17


 ●[表6]WHO:飲料水水質ガイドライン(日本水道協会訳)
   Guidelines for drinking-water quality

  水道協会訳
   http://whqlibdoc.who.int/publications/2004/9241546387_jpn.pdf

  WHO原本・第9章
   http://www.who.int/water_sanitation_health/dwq/GDW9rev1and2.pdf

==============================
 堀 純司

|

« 東京都水道水から放射能 | トップページ | 放射冷却と放射能の被害 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/48778/51204915

この記事へのトラックバック一覧です: 転載: ■放射能汚染:厚労省の暫定基準は妥当か:

« 東京都水道水から放射能 | トップページ | 放射冷却と放射能の被害 »