« 各地の空間線量率 | トップページ | 計画停電 »

海水を満たす場合

福島第一原発1号炉に海水の注入の報道があり、一応燃料棒の冷却が始まっているようですが

海水というと、塩が気になるようですが、津波の後ですから泥水になっているのではないでしょうか。
原子炉周辺のポンプなどが動いているなら、海水をいれたらその手のものが壊れてしまうでしょうから
それこそ最後の手段という感じがします。

格納容器も水で満たすという報道もありました。

計装類は全て壊れるでしょうから、よほどのことです。既に福島第一原発1号炉は、その手の機器は壊れてしまっているのかもしれませんが、圧力容器に穴があいているでしょうか。

また、格納容器を水で満たしたら、余震があったら重くて壊れてしまうのではないでしょうか。

今後は水位と水温の監視ということになります。計装が全て壊れてる場合、どちらも不明になってしまいますので
どのようにして管理するかです。

|

« 各地の空間線量率 | トップページ | 計画停電 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/48778/51108373

この記事へのトラックバック一覧です: 海水を満たす場合:

« 各地の空間線量率 | トップページ | 計画停電 »