« 生物多様性のホットスポット 上関の海を守ろう!緊急集会 | トップページ | できるとこ »

小出裕章先生からの伝言

京都大学原子炉実験所の小出裕章先生からの伝言です

皆様

福島原発は破局的事故に向かって進んでいます。
冷却機能を何とか回復して欲しいと願ってきましたが、
できないままここまで来てしまいました。
現状を見ると打てる手はもうないように見えます。
後は炉心溶融が進行するはずと思います。
それにしたがって放射能が環境に出てくると思います。
その場合、放射能は風に乗って流れます。
西向きの風であれば、放射能は太平洋に流れますので、
日本としては幸いでしょう。でも、風が北から吹けば東京が、
南から拭けば仙台方面が汚染されます。

今後、気象条件の情報を注意深く収集し、風下に入らない
ようにすることがなによりも大切です。
周辺のお住まいの方々は、避難できる覚悟を決め、情報を
集めてください。

              2011/3/12  小出 裕章

|

« 生物多様性のホットスポット 上関の海を守ろう!緊急集会 | トップページ | できるとこ »

コメント

貴重な情報をありがとうございました。この経験を無駄にしないで未来につないでいくためには、何ができるでしょうか?

投稿: yasuda nao | 2011年3月13日 (日) 10時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/48778/51101536

この記事へのトラックバック一覧です: 小出裕章先生からの伝言:

« 生物多様性のホットスポット 上関の海を守ろう!緊急集会 | トップページ | できるとこ »