« 転載:京大原子炉実験所「第110回原子炉安全問題ゼミ(3月18日)」映像 | トップページ | 転載: ■放射能汚染:厚労省の暫定基準は妥当か »

東京都水道水から放射能

東京都水道水から放射能が検出されました。

都は乳児に与えないことを推奨していますが、他の水が無ければ仕方が無いので水道を使うことになります。

放射能の影響は子どもの方が大きいので、ミネラルウォーターや事故以前に収穫された食物は、乳幼児、妊娠、授乳期の女性優先で行きましょう。

大人はこの際、細かいことはグダグダ言わないものです。大人は食事を抜いてもしばらく大丈夫ですが、乳児はそういうわけにはいきませんから。

牛乳なんかもね、本当は低温殺菌とかの汚染が無いものが欲しいんですが、今の状況では長期保存のヤツじゃないと、安心はできません。

報道に気づかずに乳児に水道水を与えてしまった方も、あまり気に病まない方が良いと思います。明日以降にリカバーしましょう。トータルでどれだけ被ばくを抑えることができるか、という勝負です。

天候からして、明日以降も検出は続くでしょう。そろそろ、心配性では無い方も西への移動を考えた方が良いかもしれません。

移動にもリスクが伴いますから、親御さんは真剣に悩んでください。

行きやすい方から順に移動すれば混乱は最小限にとどまりますし、関東の物資や電力にもその分、余裕ができます。一度に移動するとパニックが起こります。

移動する方は、使用していない電化製品のコンセントを抜き、ガスの元栓も閉めて。

停電からの復帰時が危険ですから。ついでに待機電力も気にして、エアコンやビデオ、テレビなども「時計があるから」などと言わずにコンセントから抜いていただきたいと思います。

本当はブレーカーごと落としておけば、と、言いたいところですが、冷蔵庫の中身が大変ですから難しいところですね。

|

« 転載:京大原子炉実験所「第110回原子炉安全問題ゼミ(3月18日)」映像 | トップページ | 転載: ■放射能汚染:厚労省の暫定基準は妥当か »

コメント

僭越ながら補足させて頂きます。
今回検出した量は、十数年その水を飲み続けると健康被害がでる「可能性」がある量であり
(たとえ乳児であろうと)被災地でミネラルウォーターなどが手には入らない場合、無理に水を飲ませるのを控えさせて脱水症状を起こす方がよっぽど健康被害が大きいので、気をつけて欲しいです

投稿: | 2011年3月23日 (水) 21時37分

脱水症状を起こすようでは話になりませんから、できるだけ汚染水を使用しないようにするには、どうすれば良いかという問題ですね。

最終的な判断は親御さんですが。

私なら、子どもが居れば移動しますね。

ペットボトルも足りないようですし。停電もしますしね。

低線量被ばくに対する見解も日本政府と違いますし。

投稿: 原田 | 2011年3月23日 (水) 22時05分

「自分なら」と言う話をしていいなら
現時点では無理な移動や環境の変化が乳児に与えるストレスの方がよっぽど大きいと思うので
私なら乳児がいてもそのまま留まります

投稿: | 2011年3月23日 (水) 22時14分

意見の一致を見ることは無いでしょうし、皆が同じ意見である必要も無いでしょう。

むしろ意見が分かれれば、人の流れが分散して、保険という感じで良いことが多いように思います。

誰かが右向けば皆が右、という社会は良ろしくないと思います。

投稿: 原田 | 2011年3月23日 (水) 22時24分

いろんな意見があって良いと言うのは強く賛同します。
ですが、停電のない地域に落ち着ける身寄りがあって、仕事に支障のない方なら帰省がてら身を寄せるのもありだと思いますが、実際はそうでない方が多数派でしょう。

連日の報道で原田さんが興奮されているのも分かりますが、特に今回の記事は冷静さを欠いている様に感じたので、気分を害される事を承知で反対意見をコメントさせて頂きました。
情報発信に支障あるようでしたら、私のコメントを削除して頂いて構いません。

投稿: | 2011年3月23日 (水) 22時55分

いえいえ、どなたさまかは存じませんが、消す必要はないでしょう。

事態が進展していますので、元々「ご実家のある方は」という言い方をしていたところを、水道水の基準値を越えたことで、少し強めの表現にしています。

人により、少しずつ放射線被ばくに対する評価が違います。

私の放射線被ばくに対する評価が普通の人よりも厳しいだけです。

世間には色々な人がいますので、それぞれに一生懸命判断すれば良いと思います。

それと、ウチは子どもが居ないので関東から移動しません。

投稿: 原田 | 2011年3月23日 (水) 23時02分

こんにちは。
福島原発事故をテーマにブログを書いている者です。
ネット検索でこちらのブログを見つけました。
よかったら私のブログ見にきてください。
私は関東に住んでいて子供がいます。
避難したいところですが近い親戚はみな関東にいます。

遠い親戚をたよってでも避難しようかと迷うほど不安です・・・・・。

投稿: 夏目悠羅 | 2011年3月23日 (水) 23時19分

夏目悠羅さん

不安は伝染するので、よろしくありません。お子さんのことを、しっかり心配してください。心配するのが親の仕事です。

ヨウ素の被害は短期勝負の面があります。汚染源の放出がなければ、8日で半分になります。これは福島の事態が収拾したり、風向きが変わったりする場合です。

短期であれば旅行でも良いでしょう。春休みですし。

ただし、水源の汚染の場合、これからもふえるかもしれません。

ある意味、勘勝負の面があります。ですが、「よくわからない危険」というのは子育てでは良くあることでしょう。

乳幼児、妊娠、授乳期の女性の被ばく量は目標0で良いと思います。もちろん少しでも浴びたらダメだということではありません。出来ることを出来るだけすることが大事だと思います。

投稿: 原田 | 2011年3月24日 (木) 00時54分

私のコメントで、少しでも冷静になられたのならコメントした甲斐があって良かったです。
「血管ブチ切れてる」とまで興奮されている原田さんが、かなり大げさな表現になるのは仕方ないかもしれませんが、必要以上に不安を煽ってそれ以上の危険を侵すのは本末転倒ですから(笑)

恐れ過ぎず(かといって油断し過ぎず)が大事だと思います

投稿: | 2011年3月24日 (木) 03時34分

名前の無い書き込みを見ていると、だんだん腹が立ってきますので、冷静さは少し損なわれますね。

まぁ、大した量では無いですが。

マスコミで解説している先生方は教科書的放射線防護に比べると随分(桁違いに)甘いことをおっしゃるので、私は大変心配です。

投稿: 原田 | 2011年3月24日 (木) 07時49分

3/23の少し古い記事で, ブログ種ご本人はヨウ素の半減期は
分かっており, 3/25で基準内に落ちたことはご存知と思います。

しかし、煽ってる内容などが散見され, 4/3の最近の記事で風評被害の
に関して理解不能の部分があるので、コメントさせていただきます。

> 東京都水道水から放射能が検出されました。

"放射能"って、正確な表現なの?

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%94%BE%E5%B0%84%E8%83%BD
> 放射能(ほうしゃのう、Radioactivity)とは、物理学的な定義では、
> 放射線(radioactive ray, radiation)を出す活性力(放射性,放射活性、
> 放射線を放射する程度)を言う。放射能と放射線とが混同され誤った意味で
> 使われることがあるが、その定義は明確に異なる。日本の媒体等においては
> 「放射能を浴びる(又は、飛散する)」などと誤用が見受けられ、
> 誤用そのままが一般に定着して常用されている。

とっくの昔に、大気内核実験で放射性物質が巻き散らかされて
しまったのは気にしないの?

それを知らないで騒ぐの?
煽るの?

http://www.niaes.affrc.go.jp/sinfo/result/result24/result24_68.html
> 黄砂とともに飛来する放射性セシウム(137Cs)
> 大気圏内核実験は1980年に停止されましたが、
> その後も影響が残りました。
> また 1986年にはチェルノブイリ原発事故により
> 最大99.9Bq/m^2の降下がありました。

これは、関係ないの?


http://homepage3.nifty.com/h-harada/nonuke/dose.pdf
> 心配する人は心配しすぎ、心配しない人は軽率すぎる。やっかいな害。

> 100mSv

単位を何か忘れてない?

> 判断の基準として、職業被ばく。国際機関(国際放射線防護委員会ICRP)の推定では、
> 年50mSv であれば、47 年勤務して、8%の人ががん死。年20mSv であれば
> 「仕事であればまぁ良いか」という雰囲気。

> ヨウ素131 の影響が大きいだろうから、8 日で半減。80 日で約1/1000。

これ知っていて、職業被ばくの例は煽ってない?
「8%の人ががん死」ではなく、がんで死ぬ確率が8%増加するでは?


某温泉(放射能泉)は40,000倍って関係ない?

> ミネラルウォーター

一部のミネラルウォーターに、水道水の10倍以上のラドンを含んでいない?

ミネラルウォーターなら、絶対安全なの?

http://www.happywater.jp/mineral/
http://www.yasuienv.net/MisunderstandNo1-1.htm

自然治癒力って、知ってる?

赤道にも近いために自然からの放射線量も多くなる香港で、
平均寿命が日本と同じく高いことは、平均寿命に放射線が
大きく影響しない場合もあるとは考えないの?

http://h-harada.cocolog-nifty.com/nonuke/2011/04/post-4c8c.html
> 現在政府の信用が落ちているので、風評被害対策は大変困難でしょう。

> 一番効果的なのは、おそらく小売店に計測器を置いて、
> 買う人が自分で目で見ることです。

海洋深層水のミネラルウォーターって知ってると思うけど、
あなたなら、ガイガーカウンターでチェックするの?

日本海の深い海に何があるか、知ってる?

http://h-harada.cocolog-nifty.com/nonuke/2011/03/post-541c.html

> 金持ちの年寄りほど汚染の少ない食品の入手に
> 躍起になりそうな予感がして仕方ありません。

買占めに走ったのは、金持ちの年寄りが多かった記事もあるけど。

あなたが風評被害を起こしている様にも見えるけど。

首都圏に住んでいて、あなたの記事を読み、"放射能"が怖いって
ミネラルウォーターを買う様な人は、あなたの書いた情報を
正確に判断できないとは思わないの?

投稿: 通りすがり | 2011年4月 5日 (火) 00時40分

コメントありがとうございます。

飲みたい方は飲めばよいですし、大人なら害はほとんど無いでしょう。皆が同じことをしなければいけないというわけでは無いでしょう?

水道水の基準は甲状腺の等価線量で年50mSvですから、子どもには高すぎるでしょう。

緊急時でも10mSv程度に抑えたいところですし、乳児なら5mSv以下にしたいところです。

ところが暫定基準を超えないと、お知らせさえありません。「暫定基準」ですよ。これは事故時に水が無いよりはマシという緊急避難的な指標です。平時の基準を超えたらお知らせくらいは欲しいところ。

そうなれば、普段は水道水を使ったり、汲み置きとかが出来るのですが、お知らせも無く普段の基準を超えるのですから、行政の怠慢だと思います。

そもそも、大人は被ばくしても、子どもに水を回す義務があります。子どもの方が放射線の影響が大きいのは当然なのですから、大人が水を買い占めるなんてのは、安全危険以前の話です。

危険だと思えば思うほど、子どもに水を回さなければいけません。

>あなたが風評被害を起こしている様にも見えるけど。

私のブログに影響力があるならば、買占めをしているのは「親」ということになり、大した問題は無いでしょう。私のブログに影響力が無ければ、風評被害の原因は別にあるはずです。

私は「なんかあやしい」と思われるような情報しか流さない政府、マスコミの責任が大きいと思います。

投稿: 原田 | 2011年4月 5日 (火) 10時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/48778/51198592

この記事へのトラックバック一覧です: 東京都水道水から放射能:

« 転載:京大原子炉実験所「第110回原子炉安全問題ゼミ(3月18日)」映像 | トップページ | 転載: ■放射能汚染:厚労省の暫定基準は妥当か »