« 使用済み核燃料プール | トップページ | 福島県知事避難を呼びかけ »

屋内退避地域の線量

屋内退避指定されている地域の線量率で330μSv/hと報道がありました。

一時的な値か定常的な値かわかりませんが、定常的な値であれば、非常に高い値です。

その場所が300μSv/hになる場所で、かつ福島第一原発の状況が予断を許さない状況ですので、
定常的と言っても風向きなどで上下もあるでしょうから、線量率が落ちた時期を狙って、退避すべきだと思います。

その際に、周囲には空間線量率で300μSv/hという高い線量率になる放射性物質が浮遊していますので、それを吸い込まないよう、マスクをして、隙間に気をつける必要があります。

ただちに影響があるという数値ではないですが、居続けることが出来る量ではありません。
一週間で職業被ばくの年間制限になります。

職業被ばくの制限は年間50mSv。連続した5年で平均20mSv

330μSv/hを1週間受けると、0.33×24×7=55.4mSv

2週間で職業人の緊急時の制限値(100mSv)

連続観測をして平均値が低いことを保証できないなら避難すべきなのは間違いありません。


|

« 使用済み核燃料プール | トップページ | 福島県知事避難を呼びかけ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/48778/51136451

この記事へのトラックバック一覧です: 屋内退避地域の線量:

« 使用済み核燃料プール | トップページ | 福島県知事避難を呼びかけ »