« 宮城県沖で地震 | トップページ | 過剰自粛 »

使われず捨てられた真水

廃炉になるのを嫌って海水を入れるのが遅れた
海に低レベル放射性廃液を放出

などと、報道されていますが、海水と低レベル放射性廃液が海に捨てられた件とつなげて考える報道がありません。

海水を入れるというのは、廃炉以前に、現状を悪くする危険が高い行為です。その時点で純水がないと思っていたのですが、低レベル放射性廃液の放出の報。

放射性廃液はレベルと量から判断して、おそらく炉心の冷却に使った水です。ということは、今入れている真水よりは純水に近いでしょう。それを冷却に使わずに海に流すとは、もったいない。

海水を使ったために、様々な機器が動かなくなっているでしょう。また塩が溜まって炉内は困った事態になっていると思われます。

海水ではなく、低レベル放射性廃液を冷却に使っていれば、状態は今よりもマシだったと思われます。

現場はそれほど混乱しているのでしょう。

追伸:すみません、どうやら放出している低レベル放射性廃液は海水由来だそうです。

|

« 宮城県沖で地震 | トップページ | 過剰自粛 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/48778/51331699

この記事へのトラックバック一覧です: 使われず捨てられた真水:

« 宮城県沖で地震 | トップページ | 過剰自粛 »