« 原発立地県知事の会合 | トップページ | 東電社員と一般公衆 »

小佐古敏荘氏辞任

内閣官房参与の小佐古敏荘氏が辞任しました。

私が知る氏(一度話を聞いたことがあります)は原発安全神話を作った人なのですが、流石に今回の政府の対応には付き合っていられないようです。

子どもの基準は酷すぎます。

でも、小佐古さん、あなた方が長い間掛けて作った安全神話の為に、こういう事態になったんですよ。と言いたい。

今後誰が放射線に関して指揮をするのでしょうか。稲氏(公式サイト)がなったら、本当に困ります。(政府の一部には支持者がいるという風聞もあるのですが、、、)

原発震災復興・福島会議、福島老朽原発を考える会などが子どもの基準を引き下げるべく行動を起こしています。
http://fukurou.txt-nifty.com/

福島県庁、教育委員会、市、学校に、意見して、除染、疎開、観測強化、基準強化を訴えましょう。親御さんから学校への直接の働きかけが一番有効だと思います。

子どもを含めた一般公衆の基準は1mSv/年です。それが日本の法律です。それだって、健康に影響が無いというわけではなく、「がまん量」に過ぎません。

|

« 原発立地県知事の会合 | トップページ | 東電社員と一般公衆 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/48778/51529681

この記事へのトラックバック一覧です: 小佐古敏荘氏辞任:

« 原発立地県知事の会合 | トップページ | 東電社員と一般公衆 »