« 原発反対署名等のまとめサイトご紹介 | トップページ | 情報統制と学問の自由と安心 »

格納容器の中に窒素

格納容器の中に窒素を入れると報道されていますが

意味ないでしょう。

水素はジルコニウムと水蒸気の反応で、ジルコニウムが酸化され、余った水素が出てきます。

ですから、格納容器の中では、酸素が無いため爆発しません。

格納容器の外に出ると、酸素がありますから、爆発の危険があるのですが。

もう上の部分は吹き飛んでいますので、危険があるとしたら、4階以下の建屋内が危険でしょう。

いや、それとも、格納容器はもう、ぼろぼろで空気が入っちゃっているんでしょうか。

(以下追記)

それならそれで、窒素ではなく、ヘリウムの方が良いでしょう。

格納容器の上側が開いているなら、水素は勝手に抜けていくので、作業は不要です。
格納容器の下側が開いているのなら、軽いガスを入れて下から酸素を抜くのが良いでしょう。

|

« 原発反対署名等のまとめサイトご紹介 | トップページ | 情報統制と学問の自由と安心 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/48778/51282206

この記事へのトラックバック一覧です: 格納容器の中に窒素:

« 原発反対署名等のまとめサイトご紹介 | トップページ | 情報統制と学問の自由と安心 »