« 避暑でしょ | トップページ | 東電の賠償、電気料値上げで…政府・民主容認へ »

年20mSvの怪

昨日、20ミリシーベルト撤回を求める交渉に一般参加してきました。

http://www.youtube.com/watch?v=qOf2cMxQD5o

原子力安全委員会は「20ミリシーベルトを子どもが浴びても良いとは言っていない」だそうです。

では、なぜ文部科学省の基準は年20ミリシーベルトなんでしょう。

数値自体は文科省が算定しています。それを安全委員会の意見を聞いたそうですが、安全委員会は「20ミリシーベルトは容認できない」と伝えたそうです。これを文科省は「20ミリシーベルト以下なら容認できる」と解釈したのでしょうか。

ICRPの勧告では「合理的に達成可能な限り低く維持する」という文言があります。文科省では低減努力はなにもしません。いや、しないどころか、自治体が独自に除染をしようとすると、「やる必要は無い」と答えるそうです。むしろ被曝を「不合理に高く維持する」ことをしています。

小佐古敏荘内閣官房参与に続いて、斑目春樹原子力安全委員会委員長も文部科学省の対応に苦言を呈しました。原子力推進の御用学者が次々と国の施策には文句をつけだす事態です。

国関係の「専門家」には、もはや20mSv/年を安全という人はいなくなりました。(自分に責任がある場合、そんな数値を安全だと言えるのは、専門知識に欠けるひとか、責任感が無い人でしょう。)なのに何故か線量率の基準だけが変わりません。計画的避難地域の設定も20mSv/年です。そこには当然乳幼児がいます。

日本の放射線作業従事者の平均すると被曝量は年1.1mSvとか、そのくらいです。年に20mSvを浴びる人はほとんどいません。職業であれば、給料ももらうためですから、それなりのリスクを引き受けることもできるでしょうが、一般住民にはそういうベネフィットはありませんから、格段に低い数値でなければ話になりません。

学校が汚染されているということは、通学路、自宅も汚染されているということです。対応が校庭の使用時間制限だけというのは極めて甘い基準です。

会場に規制値以下と判定された学校の土が持ち込まれ、線量が測られました。文科省の測定は高さ1mとかですが、直接土に押し付けられた線量計は数十μSv/h程度の高い値が示されます。子どもが外で遊ぶということは、座ったり、転んだり、ですから、文科省の計算より一桁高い数値になるんです。また傷口があれば、そこから放射性物質が取り込まれるんです。幼児は砂場の砂を嘗めるんです。

大人であれば、覚悟の被曝であればいくら浴びても良いですが、子どもを被曝から守るのは大人の義務です。

|

« 避暑でしょ | トップページ | 東電の賠償、電気料値上げで…政府・民主容認へ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/48778/51566099

この記事へのトラックバック一覧です: 年20mSvの怪:

« 避暑でしょ | トップページ | 東電の賠償、電気料値上げで…政府・民主容認へ »