« 雨 | トップページ | 福島第一原子力発電所 5月7日夜中の謎の煙 »

なぜ逃げないのか

福島第一原発の事故発生から2箇月が経ちました。

そろそろヨウ素131は減衰しているだろうと予測していたのに、各地の下水汚泥からはセシウム137と比較して、予想外に高いのヨウ素131が報告されています。
http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/110512/dst11051218200016-n1.htm

本当でしょうか。計測ミスなんじゃないかとも思います。

東電は1号炉の燃料棒は全部露出している、と、発表しましたが、これも疑わしい。

いや、全く、もう、ことごとく信じられない状況で、どうすれば良いのか、というのが試されている気がします。


放射線の計測値にウソは無いと思いますが、それすら、民主党の小泉俊明さんが独自計測した値で自分の選挙区(茨城3区)の学校に注意を呼びかけたり、それを「公式見解ではない」と打ち消したり、大変です。
http://mainichi.jp/area/ibaraki/news/20110513ddlk08010116000c.html

モニタリングポストの値は純粋にγ線だけでしょうし、線量計の地面からの距離も心配です。金町から流山、柏、守谷あたりまで、高線量ホットスポットが形成されているようですし、他にも無いか、心配しています。
http://takedanet.com/2011/05/post_5c55.html


そういえば、福島の方がなぜ逃げないのか、と、東京の人に質問されましたが。

東京は大気汚染が酷いけど、逃げる人はいないですね。

と、答えました。「ただちに健康に影響が無い」場合の大衆のとる行動様式ですね。

学校の校庭が放射線管理区域以上に汚染されている地域は、通学路や自宅なども汚染されているでしょうから、林間学校だと思って学童疎開した方が良い(避難できないなら、除染などをすべきなのは、化学物質の汚染と同じです)と思いますが、大人はなかなかそうも行かないですね。

もちろん、大人も避難できるのであれば、避難した方が良いと思います。

|

« 雨 | トップページ | 福島第一原子力発電所 5月7日夜中の謎の煙 »

コメント

逃げたくても逃げられない方々が多いのではないでしょうか。


仮設住宅は、土地が確保できない等で建設にまだ時間がかかりそう。

遠隔地には親類縁者や知人がない人は、行き場がない。

交通機関や道路の復旧がなかなか進まない、車を持たない、車があっても燃料が手に入りにくい…等々で自ら動くこともできない。


また、物理的に可能でも心情的にどうしても逃げられない方々もおられましょう。
故郷を離れたくない、離れられない、職に就ける保証もなく生活が不安等々…。


取り敢えずは、早急に仮設住宅と生活保証を整備してもらうしかないのかな…と思えますが、それでもどれだけの救いになるでしょう。一市民の自分には、各方面での速やかな進展を祈るしかできませんが…。


自分は、日本のエネルギー事情を考えると、当面はある程度原発に頼らざるを得ないと思っています。
が、それにしても、設計から管理、防災体制まで、どうも杜撰な感じが否めません。

未曾有の天災があったとは言え、国や電力会社の責任の大きさ、重さ…改めて痛感しました。

投稿: AGITΩ | 2011年5月15日 (日) 13時22分

それが放射能の怖さなのかな、と思いました。まだ花粉の方がわかりやすいですが、
後々の健康被害は放射能のほうが深刻です。
生活の基盤が根こそぎ失われることを想像すると、その反応は理解できます。
だからこそ、国がもっと疎開などの措置を
取って欲しいです。
自分で判断しなくてはならないのは、大変ではないのでしょうか。

投稿: にゃん | 2011年5月17日 (火) 22時53分

逃げられない状況下にあるのはよくわかります。しかし安全な地域に疎開してマンションなりを借りて生活費などその他もろもろの請求書をすべて東電に送るのも一つです、東電も謝罪しているわけですし非を認めたわけですから、そのせいで被った被害は東電が償うべきものでしょう。個人的に訴訟をおこしてはならない決まりもないですし、泣き寝入りするくらいなら早く行動した方が得です。
地震だけなら国の保証でしょうが放射能汚染は別物です。
このまま行けば、過去の公害裁判のやりとりを辿るという未来の結末だけではなく現在進行形の危機に更なる健康被害が今このときも続いていると言う現実に真っ向から立ち向かわれる勇気をもって行動して頂きたいです。

投稿: anima | 2011年5月30日 (月) 21時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/48778/51663495

この記事へのトラックバック一覧です: なぜ逃げないのか:

« 雨 | トップページ | 福島第一原子力発電所 5月7日夜中の謎の煙 »