« ICRPにおける、低線量被ばくのしきい値の扱い | トップページ | 原発を止めるコスト »

菅首相、浜岡全機停止を要請

菅首相が中部電力浜岡原発の全機停止を要請しました。

東海地震の想定震源域に建つ浜岡原発は普通の神経では耐えられないものでしょう。

中部電力の動向に注目するとともに、官邸へは反対意見も寄せられると思いますので、激励意見も必要だと思います。

また、静岡県、中部電力には、浜岡原発の廃止要請が妥当でしょう。

首相官邸、ご意見募集
https://www.kantei.go.jp/jp/forms/goiken_ssl.html

静岡県、ご意見、ご提案、ご要望
https://www2.pref.shizuoka.jp/all/ikenteigen.nsf/touroku

中部電力、お問い合わせ、原子力発電について
http://www.chuden.co.jp/inquiry/inq_energy/3005333_6106.html

中部電力、CSR(企業の社会的責任)に関するお問い合わせ
https://www.chuden.jp/a/e/top.html?sn=tolr3lhXMRA&li=

|

« ICRPにおける、低線量被ばくのしきい値の扱い | トップページ | 原発を止めるコスト »

コメント

首相の停止要請には複雑な思いです。


福島の愚や悲劇を繰返さないという点では、英断とも言えます。


一方で、疑問や課題も多い。代替電源をどうするのか、浜岡停止による電力供給力低下による経済・生活への打撃に対策はあるのか、他の原発はどうするのか、更には原発も含めた今後のエネルギー政策をどうするのか(具体的なビジョンはあるのか)等々…。


いかに原発のリスクが高いとは言え、現実的に原発停止即ハッピーにならない点に、問題の複雑さ、根深さを痛感しています。

投稿: AGITΩ | 2011年5月 7日 (土) 08時12分

AGITΩ さん

中部電力の3基を止めたくらいでは、電力供給力不足は問題にならないでしょう。

でも、他の原発も止まっているのが多くて、現在54基中22基しか動いていません。更に今後定期点検に入る原発の再稼動も遅れると思われるので、今後は普段の電力会社の規定からすると電力不足になることが予想されます。

しかし、日本の電力会社は総括原価方式の下、余剰設備を沢山抱えています。

一例では、IEAによれば石油火力の設備で十分だという報道もあります。
http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPJAPAN-20049520110315


関東以北は地震の影響で火力発電所も被災しているから難しいけれど、西日本は大丈夫じゃないですか?

日本は原油で輸入しているので、重油の需給バランスが難しいでしょうが。

私としては、短期的にはガス火力、中期的には石炭、長期的には再生可能エネルギーとすることで、軟着陸させるのが良策だと思います。

投稿: 原田 | 2011年5月 7日 (土) 11時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/48778/51597611

この記事へのトラックバック一覧です: 菅首相、浜岡全機停止を要請:

« ICRPにおける、低線量被ばくのしきい値の扱い | トップページ | 原発を止めるコスト »