« 経産省に抗議行動 | トップページ | 安価な放射線計測器 »

食品安全委員会 生涯100mSvの答申案

食品安全委員会が被ばく限度を生涯で100mSvとする答申を出しました。(追記・まだ「案」です)

現状の法規からするとほぼ妥当な線でしょう。多分あと半分にすれば法規準拠。

法規では年1mSvを基準としているのですから、現状の年20mSvは緩すぎです。

公衆被ばくに対する規制で一番厳しい基準は原子力委員会が1975年に出した

「発電用軽水型原子炉施設周辺の線量目標値に関する指針」
http://www.mext.go.jp/b_menu/hakusho/nc/t19750513001/t19750513001.html

にある年50マイクロシーベルトでしょう。

本来であれば、行政の目標はここが妥当でしょう。

自分の庭先で毒物を積んだトラックがひっくり返ったと思ってください。収束は元通りきれいにする。が順当です。

|

« 経産省に抗議行動 | トップページ | 安価な放射線計測器 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/48778/52316439

この記事へのトラックバック一覧です: 食品安全委員会 生涯100mSvの答申案:

« 経産省に抗議行動 | トップページ | 安価な放射線計測器 »