« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »

2011年7月

電力使用状況

Impress Watch(http://www.watch.impress.co.jp/)の電力使用状況が便利です。

東北、東京、中部、関西、九州の各電力会社の電力供給余力がワンタッチで切り替え表示できます。

で、見ていると、東京、中部は余裕がありますね。

関西、九州の余裕が比較的ありません。

中部電力は元から原発依存率が低いので浜岡の3機が止まっても大丈夫でしょうし、大きな話題になったので節電も進みやすいでしょう。

対して関西、九州は原発再稼働に賭けすぎて他の準備が足らず、イメージが悪くて節電協力も得られず、今後は苦しい状況になるかもしれません。

電力会社の「安定供給本能」と「原発擁護」の勝負で、「安定供給本能」が勝てば原発以外の準備がもっと進むでしょう。もしも原発擁護が勝つと、原発以外の発電所の準備が進まず、電力不足になる可能性もありますね。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

原子力村「やらせ汚染」暴露進む

シンポジウムでも裁判の傍聴でも電力会社が「動員」を掛けていたのは、昔から原発反対派の間では有名でしたが、九州電力の「やらせメール」を発端に問題の暴露が進んできました。

中部電力、四国電力は「原子力安全・保安院」からプルサーマルのシンポジウムで動員と「やらせ質問」を指示されたことを暴露しました。事業者のみならず、国を巻き込んだ「やらせ汚染」は深刻です。

事業者であれば原発の設置許可取り消しなどの行政処分が妥当です。日本国政府にも行政処分が必要です。日本国政府から今後原子力推進に携わる資格を取り上げる必要があります。

根本的な解決策は国が推進するという姿勢そのものを変えることです。国が推進姿勢を取る限り今後とも「やらせ」は無くならないでしょう。

そもそも原子力がすばらしいものであるならば国が税金を使って推進などする必要はありません。政府は規制だけしていれば十分です。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

東京電力と共に脱原発をめざす会

東京電力と共に脱原発をめざす会が昨日ありまして、速報をIWJのボランティアスタッフの方が流しています。

http://togetter.com/li/167448

| | コメント (0) | トラックバック (0)

厚生労働関係の基本施策に関する件(放射線の健康への影響)7.27

厚生労働委員会のテレビはみんなで見るべきですね。

http://www.shugiintv.go.jp/jp/video_lib3.php?deli_id=41163

児玉龍彦氏(東京大学先端科学技術研究センター教授)が咆えています。
http://www.youtube.com/watch?v=DcDs4woeplI

| | コメント (1) | トラックバック (0)

ストレステスト実施後も再稼働認めず…新潟知事

新潟県知事がストレステストをバッサリ斬って捨てています。

いわく
「気休め」「虚構以外のなにものでもない」

燃料データ改ざんとJCO臨界事故(1999)、東電ひび隠しによりプルサーマル撤回(2002)から、中越沖地震による柏崎刈羽原発被災(2007)を経ての今回の1F大事故。

福島県と県境を接し、多くの避難民を受け入れている新潟県知事の素直な感想でしょう。

西の方の知事は、おそらくまだ現実感が無いのでしょう。原発が大事故を起こせば故郷を失います。そして福島第一原発の事故は想定される最悪の事故にはまだ程遠いのです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

安価な放射線計測器

事故直後から

「多分安価な製品が大量に生産される」

と、予測していたのですが、なかなか現れませんでしたが、ようやくエステーが出しました。安価な放射線計測器。

http://www.st-c.co.jp/topics/2011/000387.html

期待は大ですが、問題は10月まで入手できないことでしょうか。欲しい人は既に別の製品を入手済みで売れ残る気がしなくもありませんが、今後も必要になるかもしれませんし(考えるのもいやですが)、貸し出し用とかを考えて一台入手しようと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

食品安全委員会 生涯100mSvの答申案

食品安全委員会が被ばく限度を生涯で100mSvとする答申を出しました。(追記・まだ「案」です)

現状の法規からするとほぼ妥当な線でしょう。多分あと半分にすれば法規準拠。

法規では年1mSvを基準としているのですから、現状の年20mSvは緩すぎです。

公衆被ばくに対する規制で一番厳しい基準は原子力委員会が1975年に出した

「発電用軽水型原子炉施設周辺の線量目標値に関する指針」
http://www.mext.go.jp/b_menu/hakusho/nc/t19750513001/t19750513001.html

にある年50マイクロシーベルトでしょう。

本来であれば、行政の目標はここが妥当でしょう。

自分の庭先で毒物を積んだトラックがひっくり返ったと思ってください。収束は元通りきれいにする。が順当です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

経産省に抗議行動

経済産業省に抗議行動があったので行ってきました。

P7220015

主催は東電前アクション!でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

美浜原発運転延長をこの時期申請する無神経さ

「技術的には可能」だそうですが

http://mainichi.jp/select/wadai/news/20110723k0000m020114000c.html

安全性は劣るけれど、運転はできる、という以外には聞こえません。

排出ガス規制を通らない、古ーい乗用車だって、運転は可能です。

事故を起こした時の被害を考えれば、原発の運転期間延長などもっての外です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

資本主義ならではの

松坂牛、餌のわらからセシウムが、、、

http://savechild.net/archives/5746.html

松坂市長が大丈夫だと言ったばかりなのに、、、

旧ソ連チェルノブイリ原発事故の時とは違う、資本主義ならではの賠償問題が起きますね。

「付加価値」をどう賠償するのでしょうか。

松坂牛のブランド価値を落とした責任は?

飯舘牛もせっかくブランドになれそうだったのに、、、

| | コメント (0) | トラックバック (0)

廃炉は浜岡から

昨日は静岡市で神戸大学名誉教授の石橋克彦さんの講演会があったので、静岡に行きました。

http://hamaokagenpatsu.web.fc2.com/

石橋先生は東海地震の震源断層の想定を最初にした先生ですね。うろおぼえでは、1号機が動くか動かないか、の頃ですか。3号機の申請前だったと思います。

東海地震説自体は茂木清夫先生の方が先みたいで、こちらは1号機の申請前だったかと思います。

(追記:そういえばこういうときの為に原発年表(pdf 269.1K)を作っておいたのでした。)

地震学者のいうことを注意深く聞いていれば、良かったのにね。

地震学者が危ないというのに、地震学を基礎理論としている耐震工学者が大丈夫だというのは危なっかしくてしかたありません。

今日は静岡市で全国集会だったので2日連続で静岡詣ででした。
P7174029

あの原発から照射済み核燃料が運び出され、廃炉が完了するまで安心できる日は来ないでしょう。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

発電所は余っている

現在原発を全部止めても大規模停電は起きそうもない状況なんですが、あんまり信じてもらえないそうです。

藤田祐幸先生の作成したグラフは大量に出回ってるんですがね。

要はバブルの頃「発電所が足りない!」ってその後発電所が(火力中心に)たくさん作られたのに消費が伸びなかった。

という状況です。最近では「オール電化」をバリバリ宣伝する程度には発電所が余っています。

ピークシフトや節電などの対策をなにもしなければ真夏の日中数時間は足りないかもしれませんが、東北、関東の水力と火力が復旧しきればおおよそは間に合うでしょう。

20年前だと原発を止めるためには新規の火力発電所を大量に作る必要があったのですが、今年あたりは原発を止めるのに最適な年だと思います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

泊と大飯

泊原発と大飯原発で一機づつ定期検査中で100%出力の原子炉がありますが。


止めるか、営業運転にするかどちらかにした方が良いでしょうね。
(もちろん私は止める方が良いと思いますが)

営業運転中だと税金がかからない(らしいです。東京電力で聞きました)から電力会社としてはうれしいかもしれないですが。

次の定期検査までの期間なども不明瞭になりますし。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

4か月経過

福島第一原発事故発生から4か月

半減期の15倍ほどの時間が経ったのんで、2の15乗は32768ですから最初にあったヨウ素131は3万分の一以下になっています。

元の量が量だから、まだ検出されると思いますが

今後爆発がたとえあっても、最初の爆発の時に比べれば、3万倍はマシという感じです。
(あちこち穴だらけだから爆発しないと思いますが)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

心配の種類

放射能の汚染が心配


という声が親御さんからたくさん寄せられます。

心配であるなら、いっそ子供を留学させるのはいかが、と、思います。

ハッキリ言って、現在の放射能汚染の危険に比べれば、留学の危険というのは大きいと思いますが、危険に応じた見返りがあるのは明らかに留学でしょう。

国外でなく、国内でも良いです。若いうちにいろいろな土地を体験するのは一生モノの宝物になると思います。

放射能が心配な親御さん。汚染にビクビクするよりも、かわいい子には旅をさせましょう。どうでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

米仏でも原発事故

フランスのトリカスタン原発で火災が発生している模様です。
http://www.lejdd.fr/Societe/Actualite/Une-explosion-a-la-centrale-du-Tricastin-352273/

米国では、洪水で原発が浸水
http://www.cnn.co.jp/usa/30003169.html
更に一部決壊
http://www.cnn.co.jp/usa/30003193.html

オカルトチックに連続していますが、500機もあればこんな年もあるでしょう。

嫌なら原発を止めるのみ

私は嫌なので反原発を唱えます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »