« 発電所は余っている | トップページ | 資本主義ならではの »

廃炉は浜岡から

昨日は静岡市で神戸大学名誉教授の石橋克彦さんの講演会があったので、静岡に行きました。

http://hamaokagenpatsu.web.fc2.com/

石橋先生は東海地震の震源断層の想定を最初にした先生ですね。うろおぼえでは、1号機が動くか動かないか、の頃ですか。3号機の申請前だったと思います。

東海地震説自体は茂木清夫先生の方が先みたいで、こちらは1号機の申請前だったかと思います。

(追記:そういえばこういうときの為に原発年表(pdf 269.1K)を作っておいたのでした。)

地震学者のいうことを注意深く聞いていれば、良かったのにね。

地震学者が危ないというのに、地震学を基礎理論としている耐震工学者が大丈夫だというのは危なっかしくてしかたありません。

今日は静岡市で全国集会だったので2日連続で静岡詣ででした。
P7174029

あの原発から照射済み核燃料が運び出され、廃炉が完了するまで安心できる日は来ないでしょう。

|

« 発電所は余っている | トップページ | 資本主義ならではの »

コメント

北の工作員の文書には日本に帰化して何代かかってもいいから日本の教育と国家、原子力の中枢に入り込み、有事の際には、事を起こすように。と、あるそうですね。度々の手動での、冷却システムを含む電源停止。怖いです。

投稿: あん | 2011年7月22日 (金) 12時24分

あんさん

コメントありがとうございます。

いや、本気で原発は国防のアキレス腱だと思いますよ。

左にリンクがありますが

原発を並べて自衛戦争はできない

建てたのは自民系の政治家主導ですから「焦土作戦」なのかと。勘弁してほしいです。

原発を建てた人たちに、この辺を読んでほしい感じです。

「天災と国防」寺田寅彦
http://www.aozora.gr.jp/cards/000042/files/2509_9319.html

投稿: はらだ | 2011年7月22日 (金) 22時22分

武田邦彦先生のブログ
に、自民党と、電力会社役員や、OBからの献金。国から電力会社に流れるお金について書かれていて、なるほど困ったなーと思ったのです。公明党は大丈夫と思いますが人数がもっとほしい。。共産党は、何でも反対してるだけで、まず党名変えてくれなきゃこわい。社民党はよくわからない。このまま民主に国をまかせたら日本はなくなっちやいそうにも思えます。

投稿: あん | 2011年7月25日 (月) 01時26分

あんさん

コメントありがとうございます。

民主は連合が支持母体で連合の電力総連が強力な原子力推進勢力ですから、ここが変わらない限り、民主には期待できないと思います。

自民は若手を中心に既存自民の流儀では今後高い支持率は取れないと踏んで既存自民と異なる動きが出てくる可能性はあると思います。

今後の日本の原発情勢に関しては自民・民主の動向がどうなるかが大事なところだと思います。

共産党は長らく議員や党員は原発反対が多く、党中央が原発好きというねじれがあったと思います。今後は解消されるでしょうか。

公明党も党員には原発反対の人が多い印象でしたが党としては自民追従が長かったので、今後どうなるか予想がつきません。

社民党にとって原発は基地問題に次ぐ看板と言っても良いと思います。ずっと原発反対を党として掲げてきた全国区の政党は社民党だけです。今後伸びてほしいと思います。

投稿: はらだ | 2011年7月27日 (水) 14時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/48778/52236018

この記事へのトラックバック一覧です: 廃炉は浜岡から:

« 発電所は余っている | トップページ | 資本主義ならではの »