« シーベルトにしきい値はあり得ない | トップページ | 11・11 たそがれの経産省 キャンドル包囲「人間の鎖」アクション »

横須賀から柏崎刈羽まで首都高経由で核燃料輸送

10/17深夜3:00横須賀にあるGNFJ(http://www.gnfjapan.com/)の
核燃料工場から柏崎刈羽原発へ向けて核燃料の輸送が行われました。

出発地の様子はキチアルTVでインターネット中継されました。
http://www.ustream.tv/recorded/17924542

3:00から25分間隔で3隊。第一第二グループが上組のトラック4台。第三グループが日立物流のトラック3台の計11台でした。前後には警備車両がついています。

東京電力のプレスリリースを見ると、おそらく柏崎刈羽原発5号機用の196体と思われます。
http://www.tepco.co.jp/cc/press/11100703-j.html

核燃料輸送車には「この車両には近づかないでください」と近くに寄らないとわからないくらいの大きさの字で書いてあります。乗用車で追跡したグループによると隣の車線を並走中に窓を開けた状態でホリバ社製Radiで計測したところ、1.8マイクロシーベルト/時が計測されました。
0.3マイクロシーベルト/時でアラームが鳴るTERRA-P+のアラームは鳴りっぱなしでした。核燃料輸送車らしきトラックをみかけた際には、車間距離を充分取ることをお勧めします。

過去の例ではサービスエリアに停車中のトラックの間でRadiが振り切れたこともあります。つまり10マイクロシーベルト/時を超えたという事です。

このようなものが一般道→横浜横須賀道路→保土ヶ谷バイパス→東名高速→首都高速→関越自動車道→一般道という経路で運ばれているのです。

「核燃料の輸送は核拡散防護上機密」と言います。周辺の自治体にも知らされません。東名高速からは交通量も多く事故でも起きたらどうするつもりでしょう。

そもそも機密にしなければならないものを電力会社が扱うことの是非から議論されなければならないでしょう。またどうしても運びたいなら道路を封鎖して運ぶ方が合理的であり秘密にすることなどありえません。

福島第一原発の事故の収束も見えない中、危険性に関する広報議論もないまま核燃料の輸送が行われたことに抗議しましょう!

次には柏崎刈羽原発6号機への輸送も行おうとするでしょう。他の原発への輸送もあります。現在監視には漏れがあり、全ての輸送をフォローしきれていません。工場付近の方は監視をお願いします。輸送直前には大型トラックの動きがあります。

|

« シーベルトにしきい値はあり得ない | トップページ | 11・11 たそがれの経産省 キャンドル包囲「人間の鎖」アクション »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/48778/53013853

この記事へのトラックバック一覧です: 横須賀から柏崎刈羽まで首都高経由で核燃料輸送:

» 東京電力が夜襲で核燃料を搬送!! [雪裏の梅花]
東京電力はつくづく懲りない会社だと思います。未だに一般市民を敵だと思っているのでしょう。いや、ある意味で正解だけど自業自得ですよ。 現在、営業運転中の柏崎刈羽原発に核燃料が搬送されました。深夜...... [続きを読む]

受信: 2011年10月17日 (月) 21時39分

« シーベルトにしきい値はあり得ない | トップページ | 11・11 たそがれの経産省 キャンドル包囲「人間の鎖」アクション »