« 2012年1月 | トップページ | 2012年7月 »

2012年2月

電気は足りる。と、したうえで、需要はやっぱり抑制した方が良い。

「原発無くても電気は足りる」

と、書くと大抵2種類のクレームが来ます。

一つはもちろん「足りない」と言うクレーム。もう一つは「無駄遣いを奨励する」というもの。

まぁ、おおよそは足りるとしても現場は火の車、万日残業になるのは目に見えているし、古い火力発電所をフルに動かすのは心臓にも悪いので、需要を抑えた方が合理的なのは間違いないですね。

需要を抑えることを奨励すれば2つ目のクレームにも対応できますし。

これは以前から変わらないので、想定した記事を書けばいいんだけど、一つの記事に詰め込むのはなかなか。

で、いまから書きます。(巷間知られていることだと思いますし、あちこちで既に書いたりしていますが。)

需要を抑えると言っても、原発無くて困るのは一日の需要のピーク時ですから、負荷平準化、いわゆるピークシフトというのが有効です。

夏のピークは晴れた日の平日、かつ、お盆を除いた時期に来ます。工場などが稼働して、気温が上がり、エアコンによる消費がピークになるのが条件です。ですから条件をずらしてやります。

例えば、去年の夏に実際に行われたことであれば、工場を日曜日に動かして金曜日を休みにする。放っておくと日曜日の需要は少なくて金曜日の需要が多いので調整をすることでピークを削ります。

一日の中では、夏は昼の2時頃がピークになり、昼休みは需要の谷間になので、昼休みをローテーションで順番にとるようにすれば、東京電力管内だけで原発一基分くらいは減るでしょう。

お盆休みをローテーションすると大変効果的でしょうが、文化的に難しいでしょうから、夏休みを伸ばすことも検討して良いでしょう。

ここで夏休みを増やした分、他の休みが減るなら「平準化」、実質の休みを増やすなら「需要削減」ですね。どちらを選ぶかは価値観次第と言うところです。

個人的には夏休みを増やしたり、昼休みを増やして、多少「のんびり」した方が幸せなんじゃないかと思います。
(夏はバカンスにして、他の季節に余計に働いた方が、資本効率も上がると思うんですが。)


ピーク時に揚水発電の能力を積み増そうとすると、ピーク以外の需要を抑えることにも意味が出てきます。し、設備の中で老朽発電所、効率の悪い発電所とかを出来るだけ使わないで済ますためには、ピーク以外の節電も大事でしょう。

「節電」もいろいろ考えられますが、他所にも沢山書かれているから、良いかなぁ。

一つ挙げとくと、エアコン。

夏のピークの3割くらいがエアコンだそうで、そのエアコン、ガッツリ汚れていると倍くらい電力を食うハズ。今年の夏前に、きっと経産省主導でエアコン掃除が流行ると思います。

エアコンの消費電力は目立つけど、エアコン以外の消費電力も重要で、他の機器の消費電力が増えるという事はその分熱が出るということで、それがエアコンの消費電力に上乗せされるのでエアコンの消費電力を減らそうと思うと、更に総合的な省エネに取り組む必要が出てきます。

(枝野経産相も「原子力発電所の稼働が全くない場合でも電力需要に対応できる可能性はある」という認識ですから、きっと以上のようなことにプラスしていろいろ経産省から「お願い」が出ると思います。
http://jp.reuters.com/article/businessNews/idJPTYE81K0VJ20120127

| | コメント (8) | トラックバック (0)

今、原発なしでも電気が足りる理由


今年は原発なくても発電所は間に合う。

市民エネルギー研究所が作ったグラフをみる。縦棒が発電方式毎の設備容量を足し合わせたもので、原発が無くても、予備率考えてもまぁ、大丈夫そう。
2

ところが、それを信じられないという人もいる。「原発は兎に角スゴイから無いと大変」と信じているんだね。

元慶応大学教授の藤田先生の作ったグラフだとわかりやすい。(こちらの火力は自家発込だね)
Plants

バブル期までは最大電力が火力の範囲に入っているけど、バブルの後半から最大電力が計画よりも右肩上がりになって、水力の部分に割り込んでいる。多分、このころだと、原発が全部止まると発電所が足りなかった。

そのまま右肩上がりが続くと考えれば、当然予定より発電所を増やそうとするよね。そんとき、原発だと計画から30年掛かるから全然間に合わない。当然火力発電所を建てることになる。

でもバブルははじけ、その後最大電力は横ばいになったから、今、原発無くても電気は足りてしまう。設備投資をし過ぎたんだね。ちなみに最後の落ち込みはリーマンショックの年。

2003年は東電の原発が不祥事で全部止まった年。前2年の最大電力が高かったからマスコミは「原発動かさないと弱者が死ぬ」と大コールだった。憶えていない人は多いと思うけど。

そういえば、バブル後、円高で燃料が安いのに電力会社の電気が高いから、企業が自家発電所を建てたニュースもあったねぇ。それが大口の電力の自由化の話につながる。と、記憶している。

追伸:これに関してtwitterでの議論をまとめ
http://togetter.com/li/253799
まだ予定地点まで到達しないですけど。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

« 2012年1月 | トップページ | 2012年7月 »