« 12月24日クリスマス大集会のお誘い | トップページ | 広瀬隆さんからDVDのお知らせ »

総選挙

選挙が終わりました。

正直なところ、原発を争点に出来なかったなぁ、と。ブログも全然書けなかった。

原発賛成は幸福実現党以外は石原慎太郎氏くらいでしたし、石原氏も維新の会自体は消極的ですしね。

ところが、自民党はしばらく原発に関しておとなしいことしか言っていなかったのに、選挙が優勢となると、再稼働どころか新増設まで言い出す始末。(安倍氏は結構前から再稼働賛成でしたけど)

政権につくまえにマニフェスト破りをするような党が第一党になって、本当に大丈夫なのか、票を投じた人にはよく考えてもらいたいと思います。民主党だってマニフェストをひっくり返したのは政権にとってしばらくしてからだというのに。

|

« 12月24日クリスマス大集会のお誘い | トップページ | 広瀬隆さんからDVDのお知らせ »

コメント

能足りん

日本人には、現実と非現実が分けられない。
日本語には時制がないので、非現実 (過去と未来) の内容も現実の形式で語られる。
次元の違う世界の内容を区別しないで話す矛盾を克服できない。だから、議論が成り立たない。
最悪のシナリオは、非現実・存在しないものとして無視されている。知的遊びにも叡智にも資することがない。

意見発表は、歌会形式になる。
「だって、本当にそう思ったのだから、仕方がないではないか」と言うことになる。
話は聞き流すしかない。あえて議論の価値を説く者はいない。
「議論をすれば、喧嘩になります」と言う。

http://www11.ocn.ne.jp/~noga1213/
http://3379tera.blog.ocn.ne.jp/blog/

投稿: noga | 2012年12月18日 (火) 13時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/48778/56338856

この記事へのトラックバック一覧です: 総選挙:

« 12月24日クリスマス大集会のお誘い | トップページ | 広瀬隆さんからDVDのお知らせ »