日記・コラム・つぶやき

福岡航空管制で中学生が交信

福岡の航空管制官が見学に来た中学生に無線交信をさせた、というのがニュースになってますが。

各社とも論調が硬くて。

悪いといえば悪いのだけれど、厳罰にするには惜しい感じがします。

あんまり書くと怒られそうですが^^;

管制官がテープに吹き込んだセリフを再生させた、くらいの悪さじゃないかなぁ。で、子供はすっげぇ喜んだことでしょう。と。離着陸時だとさすがにやらなかっただろうし。

こういう行為が一切なくなったらそれはそれで堅苦しくてやるせない社会なんじゃないか、と。

そういえば、昔は飛行中に乗客が操縦席に入れたりしたようで、そのようなユルイ社会の方が好きだなぁ。


原発だと人為的ミスで国が無くなる災害を発生させる可能性があるので素人(訓練の足りない従業員を含む)の手出しは厳禁だと思うのですがね。だから堅苦しいから、無い方が良いとおもいます。原発。


遊びの要素が残るくらいのテクノロジーで社会が構成されてた方が幸せなんじゃないかなぁ。航空管制も少しの緩みも許せないんだとしたら、混雑が過ぎるんじゃないか、とか思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

KG-PL105Sに組み合わせる

実はこのブログにアクセスしている人は「KG-PL105S」で検索して来る人がトップなんです。orz

KG-PL105Sというのは加賀電子が売っていた(旧機種)LEDを採用した小型プロジェクタなんです(優れものです)が、、、

最近これにビクターのEX-AK1というDVD一体型のコンポを組み合わせてみました。

20年前に買ったアンプがどうも調子が悪いし、パソコンでDVDを見るとウィルス検索とかで時々調子が悪いのでDVDプレーヤーとアンプを物色していたところ、近所の質屋で見つけました。(新品という触れ込みだけど開封済みだから本当は新同品ですね)

行けます。

プロジェクターの仕様からしてもお手軽さが重要なのであんまりガッチリホームシアターなのは大げさすぎる。
映画を見るのに低音の迫力は皆無ですが、セリフの通りは良い感じです。(迫力が欲しい人はどのみちウーハーは必須だしね)

例によってトータルの消費電力も前よりは少ない感じで上々です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

党益

「普天間移設 展望なき「越年」決定は誤りだ」と、読売新聞が書いています。

「国益より党益を優先した結論だ。」だそうですが、この評価は民主党に対するモノで、社民党に対するモノではないでしょう。

社民党は沖縄なら小選挙区で国会議員が出せる。つまるところはそれに尽きると思います。

もしも社民党が辺野古を見捨てたら、それこそ解党の危機というものです。この構図は「民意」というものを考えると実に良い形だと思います。社民党にとっての「党益」が「民意」に沿っています。

外国の軍隊が駐留しているという状態は、あたりまえですが、正常な状態ではありません。(首都圏では米国の司令部があっても異常と思わない人が多いのですが、そっちの方が異常です。)異常な状態から正常な状態に至るロードマップを書けるかというのは、政治家に求められる「性能」だと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

皇族報道

今上天皇ご夫妻が金婚式だそうで、報道がぼちぼち出ています。

私は「日本国憲法」に関して、いわゆる「護憲」ですから、天皇制に関しては容認ということになります。

皇室に対するシンパシーは護憲派よりも改憲派の方が強いと思いますが、憲法改正が必要な状況というのは、天皇制廃止くらいしか、私には、思いつきません。本来なら、第一条である天皇制を廃止する主張が改憲の筆頭になるのが自然な状態だと思うのですが、不思議なこともあるものです。(苦笑)

是認まで行かないのは、皇室はもっと政治から離れた方が良いと思うからで、否定するところに行かないのは、護憲というのもそうですが、誰かが尊いと思っている対象を、こき下ろすのはどうも性に合わないといったところです。

でも、まぁ、政教分離を是とするのであれば、現在の天皇制でも皇室は政治に近すぎるでしょうねぇ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

猛暑と電力不足の報道のありかた

猛暑と電力不足が報道されていますが

今のところ、深刻な電力不足には至っていません。

需給調整契約も一番止めやすいところまでで、しかも契約各社はもともと単価の高い夏場の昼間の電力に対する依存が少ない(少ないからこそ簡単に止められる契約にするのでしょうけどね)

一般家庭の電力料金は3段料金で1kwhあたり22円程度で、企業向けは11円程度だから需給調整契約している会社ならもっと安いのでしょう。であれば企業向けを抑制して一般家庭向けを野放しにするのは電力会社の収益を改善するので、現在の料金体系からすると、企業向けの電力が先に抑制されるのも当然のことと思われます。

それでも新聞は電力不足を煽ります。新聞の煽りを受けて電力会社が設備増強をしたとしましょう。

100万kWの発電所を建てるのに安いものでも数百億円、高いものでは4000億円くらいでしょうか。1000万kW程度の電力設備を用意するのに2兆円から4兆円程度の投資が必要になります。

これで、夏の暑い時にしか動かないのでは、投資効率が悪くて仕方ありません。

投資効率の悪化は電力料金に跳ね返ってきます。電力設備のメーカーは喜ぶかもしれませんが、一般市民としては勘弁願いたいところです。

電力不足報道が一般市民の節電につながるのであれば、炭酸ガス排出抑制にもなるし、需要の平準化で設備利用効率の向上も考えられますが、新聞各社の文章の調子からすると、更なる非効率な設備投資につながりそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

佐藤栄佐久前福島県知事逮捕

前福島県知事、佐藤栄佐久さんが逮捕されました

が、本当に立件できるのでしょうか。

贈る側の気持ちを考えると、贈賄くらいあっても不思議では無い、とは思います

が、贈賄をする方は賄賂と思っていても、受けた側が賄賂とも思っていない(勿論形式的には贈賄にならないようにしているし)、から、便宜も計らず、収賄にはならない、つまり、贈り損。

本当に磐石な地盤というのはそういうものかもしれない、し、それくらいで無いと、国策に対して強気で反論できる腰の強さは出ないのかもしれません。困ったなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

政府首脳は好戦的?

今度の首相は戦争が好きみたいですね。今までの首相もそうだったけれど。

どうも世界的に見ても、政府首脳というのは、結構好戦的であるように思います。

思うに、本当に「争う事が嫌い」な人は、選挙になど立候補するはずもないので、民主主義というのは、選挙という手段をとる限り、本当の世間一般よりも、少し、好戦的になるのかも知れません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

原子力潜水艦の放射能?

横須賀港で放射性のコバルトを検出したそうです。

ネットニュースでは「コバルトを検出したのは今回が初めて。」とか、報道していますが、過去に佐世保で検出されたことがあったはず。と思って検索してみますと

調査結果が原子力委員会月報で報告されていました。
http://aec.jst.go.jp/jicst/NC/about/ugoki/geppou/V13/N06/196811V13N06.html

にあります。

その時は「軍機」に阻まれて最終的にはうやむやになったようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

死刑

杉浦前法務大臣が尊敬する人は勝海舟だそうで、

江戸城の無血開城の立役者ですから、死刑執行を行なわなかった法務大臣に相応しいかもしれません。

死刑廃止とは別に、死刑の執行の抑止が行なわれても良いと思います。

一般論としては、現在の無期が上限では軽すぎるかと思いますので、万が一にも誤審が許されない死刑は廃止し、終身刑と、なんどでも復活審理が良いか、と思うのですが、処刑される本人が死刑に同意した場合には、死刑も許されるのかもしれません。

忘れてはならないのは、死刑を執行する人の精神面でしょうか。

申し訳ないですが、私には死刑執行は出来ません。それがたとえ親の仇であっても。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ナガサキ

長崎の原爆忌にいけなかっただけでなく、11時2分に黙祷するのも忘れて仕事をしていました。

その分、今、黙祷します。

長崎に落とされた原爆は、広島がウランを使用したモノであったのに対して、人工元素のプルトニウムを使用した原爆で、世界最初の原子炉はこのプルトニウムを製造する為のものであったのは衆知の事実であると思います。

製造されたプルトニウムを精製する施設が、日本の場合、青森県六ヶ所村に建てられて、現在、試験運転中です。

原爆には使用できないようにする措置として最大のものは、最終段でウランとプルトニウムを混ぜ合わせ、プルトニウムを単独で取り出さない、というのだそうですが、出てきた混合物を分離するのは、高濃縮ウランを作ること等、他の核物質取得の手間に比べれば、容易であること、間違いないと、思います。

平和利用である、と口で言っても、聞いてくれないのが、世界の現状ですから(イランや北朝鮮が「平和利用」と云っても聞き入れるつもりもありません。)、核廃絶が達成されるまで、プルトニウム精製施設を運転するのは、言語道断である、と、思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧